Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

ペーパレス化した資料を、Galaxy NoteとiPadで共有するために

またまた、「Galaxy Note」の話題です、笑。

今までは、iPad miniを取材時のデジタルノートとして活用してきました。取材先のwebページや資料もPDFで取り込んでペーパーレス化し、すべてiPad miniで見られるようにしていました。

そのデジタルノートとして、資料をペーパレス化するツールとして、非常に使い勝手がよく、長らく愛用しているのが「Goodnotes 5」というノートアプリです。このブログでも、これまでに何度か紹介してまいりました。

ただ、今回新たに「Galaxy Note8」を使い始めたことで、これまでの資料をペーパレス化する流れを、少し見直す必要が出てきました。その理由は「Goodnotes 5」は、Androidのアプリがないからです。そこで活用することにしたのが、マイクロソフトの「OneNote」です。 

OneNoteは、よくEvernoteと比較されるデジタルノートアプリで、使っている方も多いと思います。私も、Evernoteが無料では月に60MBまでしかアップロードできないので、その代わりとして、試しにOneNoteを使っていた期間がありました。ただ、最近はあまり活用できていませんでした。

そのOneNoteを、どう使うことにしたかと言いますと、取材時に訪問先のウェブサイトや資料などを、iPadのGoodnotes5に取り込み、いろいろ書き込んでメモをするところまでの流れは、これまでと同じで変わりません。先日も、その方法を動画で紹介させていただきました(よかったら、下記をご覧ください!)

www.ainiyuku.nagoya

その、Goodnotes5に取り込み、いろいろ書き込んだ資料を、最後に「共有」から、「すべてを書き出す」を選び、PDFで書き出し、OneNoteにコピーします。わずか数秒で、OneNoteにも資料が保存できますので、作業負担はほぼありません。OneNoteは、iOsやMac版も、アンドロイドのアプリもあり、これでどのデバイスからも資料を閲覧できます。また、メモを上から新たに書き込むことも可能です。

一つ、ポイントは、OneNoteは無料で利用できるのですが、OneDriveにデータが保存されるので、無料版だと最大5GBまでしか利用できないようです。私は、Officeのサブスクリプション版を使っているので、それであれば、1TBまでOneDriveが利用でき、容量いっぱいまで使い切ることは、なかなかなさそうです。

「Galaxy Note8」を使い始めたことで、仕事の流れを見直したり、工夫を加えたりして、より良くしていくのが、やはり面白いですね。まだまだ、試している段階ではありますので、また変化したら、今度は動画も使って、よりわかりやすく紹介できればと思っております。

ではでは!

2020年の手帳を、iPadアプリ「Planner」→Galaxy Note「てがき手帳」に変更しました!

もともと、紙の手帳が好きで、ずっと使っていましたが、「Googleカレンダー」で取材の予定などを管理するようになって、だんだん紙の手帳は使わなくなっていきました。

むしろ、紙の手帳と併用することで、デジタルとアナログの予定の同期がちゃんとできていなくて、バッティングしそうになるなど、管理が面倒なところも多く、紙の手帳は、昨年から使わなくなりました。

その代わりに使うようになったのが、iPadの「Planner」というアプリです。これまでに、何度かこのブログで紹介させていただきましたが、「Googleカレンダー」(iOsカレンダー)に入力している予定が、マンスリーやウィークリーの手帳を再現したページに反映され、その上や横の空いたスペースに、Apple Pencilによる手書きで、いろいろ書き込めるところが、このアプリの素晴らしいところ! 私は、デジタルの手書きで、その日やらなければならないことをざっと書き出し、終わったら赤字で消す、という使い方をしています。

まさに、紙の手帳のような使い勝手と、デジタルのカレンダーアプリのいいとこ取りができるので、とても気に入って使ってきました。

www.ainiyuku.nagoya

www.ainiyuku.nagoya

ただ、手書きの書き込みができるのが、iPad版のみ。iPhone版も登場しているのですが、現状ではクラウドで同期した予定の閲覧ができるのみ(有料プランに申し込みが必要)となっています。

私は無料版をiPad miniで使っていたのですが、外出するときにiPad miniを持ち歩いていないと、Plannerに書き込んだ内容は見られないという状態でした。また、iPad miniは小さいとはいえ、外出先でさっと取り出しにくいというのも、ちょっとした難点でした。

そこで、先日から使い始めたのが、ドコモ版のGalaxy Note8に搭載されているアプリ「てがき手帳」です(Note9や10+にも、ドコモ版のみですが、搭載されているようです)。

play.google.com

今日はいいところ、ちょっと残念なところを、箇条書きでまとめさせていただきますね。

いいところは、

  • (Plannerと同じく)Googleカレンダーと同期できる
  • (Plannerと同じく)登録されている予定の上や開いたスペースに、デジタル手書きで書き込める。
  • 「週メモ」「月メモ」というフリーページがあり、そこにTodoリストなどを書き込める。
  • さらに、Galaxy の『Galaxy Notes』というアプリと連携でき、Sペンで書き込んだメモを、カレンダーに貼り付けることができる。メモは複数、貼り付けられる。これがけっこう便利です!
  • スマホ用のアプリなので、常に持ち歩いており、いつでも手書きの予定を含めてチェックできる。

f:id:ma_sugiyama:20200118213643j:plain

一方、ちょっと残念なところは、

  • Galaxy Note、しかもドコモ版だけでしか使えないアプリという点。
  • iPadやiPhone、Mac版はもちろんなく、見ることができない(何か同期する方法があるかもしれないですが。。)
  • デザインがシンプル(はっきり言えば、あまりよくない)。
  • メモを貼り付けることはできるが、それ以外の手書き可能スペースが少ない、などです。

少し不満なところもありますが、無料で使えるのはiPad版のみの「Planner」と比べると、常に持ち歩いているスマホで利用でき、デジタルのカレンダーアプリと、手書きのいいとこ取りができるという点では、なかなか素晴らしいデジタル手帳アプリなのではないかなと思っております。

まだ、使い始めたばかりなので、さらに使い込んでみて、また便利な使い方を、ご紹介していけたらと思います!

ではでは!

Galaxy Noteを取材時のデジタルノートに!

今年に入り、以前からずっと使ってみたいなと気になっていた「Galaxy Note」を購入しました。最新の10+や、9ではなく、なんと2世代前の「Note8」です。

Galaxy Noteシリーズで、ずっと気になっていたのは、やはり本体の下に内臓されている「Sペン」です。10や9では、そのSペンをリモコンのように使ったり、ジェスチャーでカメラや音楽を操作したりできるようですが、私が必要だったのは、いつでも取り出せて、いつでもメモができる、まさにノートとペンとしての機能。それが使えれば十分だなと思っていたので、あえて「8」を選びました。なんと言っても、価格がだいぶ下がってきているところも魅力です。発売当時の3分の1ほどの価格で、中古の状態のいいものが入手できました!

f:id:ma_sugiyama:20200113195834j:plain

早速、今年最初の取材で使ってみましたが、結論から言えば、導入して正解でした。よかったところを、今日はとりあえず3つ、ご紹介させてください!

ひとつ目は、とにかく軽いところです

昨年は、Apple Pencilに初めて対応した「iPad mini」を、デジタルノートとして現場で使っていました。さらにそれ以前は、ノーマルのiPadをノートがわりに使っていたのですが、もうiPad miniでも十分に軽く、立った状態でずっと持ちながら取材していても、手が疲れることもほとんどなく、かなり満足していました。

それが、「Galaxy Note8」を使ってみて、さらに軽くなったとともに、片手でしっかりとつかめるサイズなので、メモを取るときの安定性が高くなりました。しかも、メモを書かないときは、例えば撮影のときに、何かモノを移動しなければならないときなどは、さっとポケットにしまって、両手を開けることができます。これも良かったところですね。

f:id:ma_sugiyama:20200113195949j:plain

ふたつ目、荷物全体がさらに軽くなったことです

iPad miniを、メインで使っていた昨年は、もし取材中に故障などで動かなくなったときに備えて、iPadを予備としてカバンに入れていました。それが、Galaxy Note8を使い始めたことで、iPad miniを予備機にすればよくなり、iPadは持ち歩く必要がなくなりました。使わない(故障などのトラブルはまだなかったので)iPadを、常に持ち歩いているのを、ずっとなんとかしたいなぁと思っていたので、一歩前進できて良かったなと思っております。

最後は、取材資料のペーパレス化で、新たな方法を思いついたことです


Goodnotes 5 活用法/iPadをデジタルノート、デジタル手帳に!

昨年、上の動画でも紹介させていただいたのですが、これまでは「Good notes5」というアプリに、取材先のwebページやリリースなどをPDFで取り込み、いろいろApple Pencilでメモをして、資料をつくっていました。もう、これで十分使い勝手がよく、かなりおすすめの方法なのですが、いかんせん「Good notes5」は、Android版がなく、Galaxy Note8では使えません。

そこで新たに、Microsoftの「OneNote」を、ペーパレス化した資料をすべての端末で共有するアプリとして、活用することにしました。これで、iOsでも、Androidでも、Macでも、Windowsでも、同じ資料を同期して見ることができます。iPadからも、Galaxy Note8からも、手書きの文字を書き込むこともできます。

この方法は、まだお試し中なところもありますので、もう少し取材現場で試してみて、またご紹介させてもらえたらと思っております。

ではでは、また!

2020年、始動。

2020年が、始まりましたね。どんな一年になるのでしょうか?

ちょうど1年前に始めたのが、このブログになります。その前の年、体調を崩して入院していたりして、なかなか思うように仕事ができませんでした。その後、体調もずいぶんよくなり、何か新しいことを始めたいなと思い立ったのが、ちょうど1年前の元旦。その日に、そのままブログを立ち上げました。

当時、「はじめに」にも書かせてもらったのですが、体調もよくなってきて、これからまた取材で、どんどんいろいろな人に会いに行きたいという思いを込めて、タイトルは「あいにゆく。」にしました。

おかげさまで、昨年、名刺アプリの「eight」に登録した名刺を振り返ってみると、334枚でした。取材などでお会いしても、名刺をいただかない場合もありますので、新たにお会いした方は、それ以上になると思います。いろいろお仕事をさせていただいて、ほんとうに、ありがたい限りです!

ブログも、前半はサボり気味でしたが、汗、、後半はなんとか巻き返しまして、60本以上の記事をアップすることができました。平均週1回以上は更新した計算になります。動画の作成なども、新たに始めてみました。

また、昨年後半から、ウォーキングをできる限り毎日するようにしています。

f:id:ma_sugiyama:20200102202826j:plain

歩いている間、いろいろと考えることができます。正月だろうがなんだろうが、誰かが決めたことに踊らされることなく、静かに、フラットに。でも心や頭の中は充実している。そういうふうにありたいと思っています。

ではでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

「2019年、やめて良かったこと」を考えてみました。

この時期、1年を振り返り、さまざまなサイトやブログ、YouTubeなどで、「今年買って良かったモノ」という記事がアップされていて、それを読むのが楽しみでもあります! 私も真似をして、先日このブログで、1つだけ買ってよかったものを紹介しました 笑。今年の第1位は、やはり「iPad mini」ですね。ぜひ後で、こちらの記事も見ていただけたらと思います。

なお、今日は購入してよかったモノのではなく、その真逆で、「やめて良かったこと」について、振り返ってみようかなと思っております。3つぐらい挙げたいと思います。

◎まず、第3位は「現金払い」です。

数年前から、現金は徐々に使わなくなってきていたのですが、特に今年、世の中的にもキャッシュレス決済を進めようという動きが加速したことで、現金を使わずに支払えるお店が増え、現金なしでも困らなくなってきました! 
現金払いをやめると、よく言われるのが、現金を製造したり、管理したりするコストがかからなくなるというメリットがあります。それは、まぁ国とか銀行とか、企業、お店などのレベルで見たメリットなのですが、個人的には、現金払いをやめて一番良かったと感じるのは、「現金をおろす」作業がなくなることです。

現金をおろす機会が減ると、時間外におろさないといけなくて、手数料をとられてしまうこともなくなります。お金をおろすためにコンビニに寄って、無駄に何かを買ってしまうということもなくなります。ATMに並ぶ時間も、ほかのことに使えます。

さらに、キャッシュレス決済のなかでも、私は、現金でチャージしなければならない電子マネーは、なるべく使わないようにしています。現金チャージ式の電子マネーでは、一度、現金を用意しないといけないので、これでは、現金をおろすという手間がなくならないからです。

私が、普段よく利用している「iD」はポストペイ(後払い)タイプで、チャージ自体が必要ありません。また、kyashpay payも使いますが、これらはアプリを使って登録してあるクレジットカードなどからチャージができるので、同じく現金を使ってチャージする必要がありません。もう一つ、モバイルSuicaも使いますが、これもアプリからチャージできます。

現金でチャージしなくていいということは、チャージのために機械の前に並ぶ必要もありません。また、もうすぐチャージしなくては、、と気にすることもなくなり、いつでもチャージできるので、余計な心配をしなくてもいいというメリットもあります。

◎今年やめて良かったこと第2位は、テレビを見ること、SNSを見ることです

テレビは個人的にですが、最近は見なくても問題ないなぁと、思うようになりました。全体的な印象として、テレビは過去を振り返るような番組が多くなった気がします。それも影響しているかもしれません。

もう一つ、SNSも、以前はFacebookなどよく見ていましたが、ここ数年は、情報収集以外の目的で、開く機会がめっきり減りました。SNSは見ないほうが、誰かと自分を比べてしまったりということもなく、心穏やかに過ごすことができると思います。誰かが何かを食べたとか、どこかへ行ったとか、見てもしょうがないなって思うようになってきました。

こうやって、体に入れる情報を厳選していったぶん、より自分が興味があることや、知りたいことを調べたり、考えたりする時間が増えたと思います。また、自分で何かをつくるほうに、頭が向くようになってきました。そこに時間を使うほうが、やはり面白いなと思いますし、誰でも情報を発信できる環境が揃っているので、やらないだけもったいと思うようになりました。

◎やめて良かったもの第1位は、「docomo」です。

ドコモは長年使ってきたのですが、ついに格安SIMにしました。もっと早くしとけばよかったなと思っています。よく言われることですが、価格の仕組みが分かりにくいですよね。最安の価格で利用するための条件が複雑だったり、割引のケース(家族で利用や、ドコモ光と併用など)がなかなか把握できなかったり、もう、わざと分かりにくくしているんじゃないかな! と思うほどです。

今回、ドコモをやめて、「ocnモバイルone」にしたのですが、月々の金額が3分の1近くになりました。この価格で、スマホとタブレットの両方が使えているので、本当に、早く格安SIMにしておけばよかったです。もちろん、昼休みや夕方など、繋がりにくいとき、重く感じるときもありますが、私自身がフリーランスで、毎日決まった時間に昼休みをとるとか、通勤がないので、あまり影響はないと感じています。

◎もう一つ、やめて良かったものは「お酒」です。

一昨年からやめていますが、飲まなくなって、いいことばかりだなと実感しています! 体調も、精神面も、お酒を飲まなくなって、本当に調子がよくなりました!

 

以上、やめてよかったことを、まとめてみました。来年は、車の運転をなるべくやめたいなと思っています。あとは、持ち物をさらに減らして。なるべく手ぶらで生きていきたいです。

ではでは、また!