Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 フリーの編集者・ライターのブログ。

AndroidスマホのGoogleドキュメントで音声入力。最近、最もスムーズでお気に入りです

音声入力について、私はこれまでにいろいろなアプリやデバイスを試してきましたが、最近落ち着いていた方法は、MacのChromeブラウザでGoogle ドキュメントを開いて、「ツール」から「音声入力」、もしくは「⌘+shift+s」のショートカットで音声入力を行うというものです。

文字の変換の精度は非常に良いのですが、ただ、二つ問題点を感じておりました。一つは、音声入力の途中でキーボードを使って句読点を入れたり、文字を修正したりすると、その後、音声入力が反応しなくなってしまうことがある点です。

そんなときは、「⌘+shift+s」を一回押して音声入力を解除、もう一回「⌘+shift+s」押して音声入力を再スタートすると、再び音声入力ができるようになるのですが、この動作によって、ときどき Google ドキュメント自体が落ちてしまって、再起動のようになってしまうことがあります。こうなると作業がストップしてしまうので、非常にストレスを感じておりました。これがもう一つの問題点です。

 

そこで、最近音声入力で文章を書くときに試していたのは、「VoiceIn」というChromeの拡張機能です。こちらも、ChromeブラウザでGoogle ドキュメントを開いて、VoiceInをオンにして、音声でどんどんと文字が入力できます。


ただ、私のMacの環境の問題なのか、バーっと口頭でしゃべって入力したテキストが、うまくGoogleドキュメントに反映されないことが多々あります。入力が反映されたり、されなかったりというのはこれも非常にストレスで、VoiceInとGoogle ドキュメントの組み合わせは、私は最近ほぼ使わなくなってしまいました。パソコンなどの環境によっては、問題なく音声入力できている方もいらっしゃるかもしれません。。いろいろ試せればいいのですが、そこまでできていないので、なんとも言えない状況です。


こんなふうに問題がいろいろあり、今、私が音声入力で文章を書くときに使っているのが、Android のスマートフォンです。2世代、3世代ぐらい前の機種ですが、ソニーの「 Xperia 1」を使って、 Google ドキュメントを立ち上げまして、表示されたキーボードとしてインストールしている「G ボード」のマイクボタンをタップして、音声入力をしています。

Type C のところにイヤホン変換アダプタを差して、そこにピンマイクを取り付け音声入力を行うと、より精度が高まります。カフェなどでもマイクを使えば、小声でも音声入力ができて便利です。スマホを口の近くに持ってこなくてもいいので、手がラクというのもポイントです。

ちなにに、句読点は、「句点」や「読点」と言葉に発して音声で入力したり、スマホのキーボードで入力したりしています。

Xperia 1のGoogleドキュメントで、Gbordのマイクアイコンをタップして音声入力する、この方法ですと、意図せずに入力が止まってしまったり、入力されなかったりというエラーが起こらず、どんどん文章を音声入力で書くことができ快適です。

ちなみに、このブログもXperia 1のGoogleドキュメントによる音声入力で書いているのですが、椅子の背もたれにどっかりともたれながら、リラックスした状態で書くことができます。Macに向かいながらですと、どうしてもキーボードに手を置いた姿勢になるので肩が凝るのですが、椅子にもたれながらだとほとんど疲れません。

しばらくは、このAndroidスマホを使って、音声入力する方法を試して行こうと思っております。


ちなみに先ほど紹介した Chrome の VoiceInですが、ChromeブラウザでGmaiを開いて、VoiceInをオンにして音声入力するときは、不思議と問題なく音声入力した文字が、メールの本文に反映されます。ですので、最近Macでメールを返信するときは、このVoiceInを使って音声入力で作成するようにしています。

以上、最近の私の音声入力事情でした! おそらく、これからも常にベストな方法は変化していくものと思いますので、いろいろと試していい方法があれば、またこちらに書きたいと思います😀

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!!

取材で使うデジタル手帳やノートは、iPad miniが最適。続いてGalaxy noteだと思う

先日から書かせてもらっていますが、白内障の手術をして、おかげさまで白く霞んでいた両目の視界が、とてもクリアに見えるようになりました。手術前は、スマホの文字などは霞んで読めなかったのですが、小さな文字までしっかり読めるようになり、仕事もプライベートもいろいろなことが、本当にスムーズにできるようになりました。

目の調子が悪くなってからは、仕事の取材時にデジタルノートとして使う端末は、手で持ちながらインタビューをするにはちょっと大きくて重たい「 iPad Air 4」を使っておりました。なぜなら、画面が小さいと文字が読みづらかったからです。

ところが、そのような心配も手術をしてからはなくなりましたので、これから取材時に持ち歩くデジタルノートは、「IPad mini 5」をメインにしようと思っております。以前はずっと、IPad mini 5をメインとして使っておりました。やはり、片手で持って移動しながら取材をするのには、 iPad mini のサイズ感が最適だと思っています。

もう一つ、今後、あらためて積極的に使っていきたいのは、最近ほとんど使っていなかった「Galaxy Note 8」です。取材ではない、打ち合わせや雑談をしながら、さっとメモをとるようなシーンでは、iPad Air 4や iPad mini 5だと、ちょっとサイズが大きすぎます。特に、カフェのテーブルなどスペースが限られている場合には、テーブルに出して文字を書くのはなかなか難しいです。その点、Galaxy Note であれば、パッと取り出してちょっとしたメモをSペンでさっと書くことができます。仰々しさもなく、まさにメモ帳のように書くことができるので、雑談などのときにどんどん活用していきたいです。

もしくは、先日紹介した iPhone の「Goodnotes 5」を使ってメモを取る方法も、今後はどんどん使っていきたいと思っております。

www.ainiyuku.nagoya

 

こんなふうに、私は状況の変化によって、取材時にどのデバイスをメインで使うかいつも試行錯誤しており、今後また新しいデバイスを購入したりしたら、変化するかもしれません。例えば、フォルダブルスマホでペンが内蔵されているタイプが、手ごろな価格で出てきたら、おそらくそれをメインで使いたくなってしまう気がします。

全然話は変わりますが、この連休中に、『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』という映画を見ました。 病気で95%の視覚を失った主人公の青年が、一流ホテルで働くという以前からの夢を叶えるために、目が見えないことを隠して見習いとしてホテルで修業を始めるというお話です。この映画の中で、主人公のかすんで見えないその視野が映像で表現されているのですが、私の場合はもっと見えていましたが、でも文字が読めなかったり、足元がよく見えなかったりというのは、自分が病気のときに経験したことと近いなと感じました。

私の場合は手術で治る病気でしたので良かったのですが、視力が何かしらの理由で弱くなってしまうというのは、 生活や仕事など人生すべてに大きな影響を与えるものだと強く実感しました。『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』は、実話を元につくられた映画だそうです。Amazonプライムビデオでも見られますので、興味がある方は是非、チェックしてみてください!

ではでは、本日も最後までありがとうございました!

Apple WatchのSuicaのみで、東海道新幹線・東北新幹線に乗車してみた!

先日、栃木へ出張の際に、はじめてJR東日本の「新幹線 eチケット サービス」という、えきねっとのホームページやアプリから新幹線の切符を予約購入し、 チケットレスで新幹線に乗車できるサービスを利用しました。

f:id:ma_sugiyama:20210806224051j:plain

JR東海・JR西日本では、「スマートEX」という同じようにチケットレスで新幹線に乗車できるサービスがすでにスタートしており、それはずっと使っていたのですが、今回、新幹線eチケット サービスとあわせて利用することで、名古屋駅から東京駅を経由して宇都宮駅まで、 券売機に並んで切符を購入したり、受け取ったりすることなく、モバイルSuica のみで移動でき非常に便利でしたので、いまさらですが紹介させていただきたいと思います。

今回、はじめて新幹線eチケット サービスを使った理由

「新幹線 eチケット サービス」は、2020年3月からスタートしたようですね。間違っていたらすみませんが、以前も確か「えきねっと」からJR東日本の新幹線予約はできたと記憶しています。ただ、切符の受け取りをJR 東日本やJR北海道エリアの券売機、みどりの窓口、びゅうプラザなどで行わなければならず、JR東海のエリアに住んでいる身としては、取材当日に発券に並んだりして手間取るとスムーズな乗り換えができないので、以前はえきねっとの予約は利用していませんでした。

それが、アプリやネットから予約できるだけでなく、チケットレスで乗車できるようになり、とても利用しやすくなりました!

利用方法

  1. まずは、えきねっとの新規会員登録を行います。 その際に、チケットレス乗車で利用する交通系 IC カードをあわせて登録します。
  2. えきねっとのホームページやアプリから乗車したい新幹線の指定席または自由席の予約を行います。そのうえで、当日乗車の際に利用する交通系 IC カードを指定します。
  3. あとは指定した交通系 IC カードを、新幹線の自動改札機にタッチして乗車するだけです。

利用できる交通系 IC カードは、SuicaやPASMO、モバイルSuica、モバイルPASMOのほか、KitacaやTOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、mimoca・はやかけんも利用できるそうです。私は、Apple Watchで使っているモバイルSuica を登録。同じモバイルSuicaをJR東海のスマートEXでも利用しているので、これでApple Watchでタッチするだけで、自宅の最寄り駅から名古屋駅を経由して宇都宮駅まで切符なしで移動できました!

ちなみに、新幹線 eチケット サービスでは、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線が利用できます。支払いは、クレジットカードだけでなく、コンビニや金融機関(ATM、ネットバンキング)でも可能とのこと。ただ、えきねっとアプリからはクレジットカード支払いのみになるそうです。

さらに助かるのは、新幹線eチケットはスマートEXと同じく、専用サイトやアプリから乗車する日時や区間などの変更も可能。ただ、コンビニ支払いや金融機関支払い、駅支払いの申し込みの場合は、えきねっとのサイトでは変更できなくなるそうなので、注意が必要です。

このほか、「えきねっとトクだ値」などのお得な割引きっぷも利用できます! 今回、私も利用しましたが、変更や払い戻しなどの注意事項がいろいろあってわかりづらいなと、私は感じました。ご利用の際は、しっかり確認していただいたほうがいいかもしれません。

ちょっと不便に感じた点

JR東日本やJR北海道の新幹線はえきねっとで予約できるのですが、同じ日に乗るJR東海の新幹線は、別途スマート EX で予約する必要があります。まあ、それぞれ予約するだけなのですが、手間といえば手間かなと感じました。

もう一つは、東京駅での乗り換えです。今回、東海道新幹線から東北新幹線に乗り換えようとした際に(逆も同様)、チケットレス乗車の場合、新幹線乗り換え口が利用できず、一度新幹線の構内から在来線構内に出て、ぐるっと回って再度、自動改札機を通過して東北新幹線の構内に入る必要がありました。いずれ改善されたらいいなと思います。

ではでは、本日も最後までありがとうございました!