Ainiyuku. あいにゆく。

フリーの編集者・ライターのブログ。

楽天モバイル「電話番号シェアサービス」申し込めないエラーを越えて設定完了!

楽天モバイルで、Apple Watchの販売と電話番号シェアサービスが、ついに始まりましたね! といっても数日過ぎてしまいましたが……💦

私は、以前のブログで書いたとおり、今、Apple Watchのシリーズ3(GPS)を使っていて、セルラーモデルではないので、申し込もうかどうしようか迷っておりましたが、、やっぱり試してみたいという思いが勝ちまして、先ほど電話番号シェアサービスに申し込みました!

申し込むためには、セルラーモデルを入手しなければいけなかったんですが、Apple Watch SEのセルラーモデルが、中古で少し安く手に入りましたので、それを使って楽天モバイルの電話番号シェアサービスに申し込みました。今のApple Watch Series 3も、まだまだ元気で使えますので、Apple Watchの2台持ちで、しばらく過ごしてみようと思います。

なお、楽天モバイルで購入したApple Watchでなくても、普通に電話番号シェアサービスに申し込むことができました! 申し込みの流れを、スクショを撮りましたので、参考までに簡単にご紹介したいと思います。

まず準備が必要なことが、3つあります。

  • iPhoneとApple Watchを最新のOSにアップデートします。
  • 楽天モバイルのSIMが入ったiPhoneと、Apple Watchをペアリングしておきます。
  • 楽天の「キャリア設定アップデート」と言うものをやる必要があります。やり方はこちらにリンクを貼らせてもらいますので確認してみてください。

Apple Watchのモバイル通信の使用対象ではありません?

ここまで準備ができましたら、あとは申し込みに入ります。まず、ウォッチアプリを立ち上げて、「モバイル通信」をタップします。そうすると、「モバイル通信を設定」というところがあって、そこがタップできるようになっているはずなのですが、私がモバイル通信を設定しようとしたらタップができなくなっておりました。

そして、その下に書かれていた注意事項が、「楽天は現在Apple Watchに対応していません。Apple Watchのモバイル通信プランについての詳しい情報は、〈リンク〉こちらをご覧ください」というものです。あれ? なんで使えなんでしょう……。かなり焦りましたが、調べてみたところ、私が、ちゃんと事前準備のところを読んでいなくて、楽天モバイルの「キャリア設定アップデート」を忘れていたことがわかり、キャリアアップデートをしようとしたのですが、アップデートができません。。。キャリアアップデートはちゃんとされているようで、どうしようかとしばらく考え、とりあえずiPhoneを再起動してみることにしました。

再度、モバイル通信の設定の画面までたどり着くと、今度はこんな表示がありまして、「お使いの楽天アカウントはApple Watchのモバイル通信の使用対象ではありません。詳しくは〈電話番号〉にお問い合わせください」という注意書きが出ておりました。「通信の使用対象ではない」とは、どういうことでしょう💦 またまた、かなり焦りましたが、そんなはずはないと思って、いろいろ調べたのですが分からず、とりあえず、今度はApple Watchのほうを再起動してみました。

そして、3度目になりますが、ウォッチアプリでモバイル通信の設定を開くと、、なんと普通にモバイル通信を設定がタップできるようになっておりました。なんだかよく分かりませんが、よかったです!

後は、流れに沿って申し込むだけです。

「モバイル通信の設定」をタップすると、楽天のログイン画面になりますので、ログインをします。すると、「電話番号シェアサービスの申し込み」の画面が出てきますので、「次へ進む」をタップ。最後、申し込み内容の確認をして、「申し込む」をタップします。以上、本当に簡単に、いや簡単ではなかったですが、申し込み自体はスムーズで受付が完了しました。

電話にマップ、音楽などがApple Watch単体でできました

まだ、先ほど申し込んだばかりで、いろいろ試せていないのですが、iPhoneの電源を切って、Wi-Fiの接続も切ったところ、モバイル通信のアイコンが緑になって、アンテナマークも表示されました。この状態で、アンドロイドのスマホにApple Watchから電話してみたところ、ちゃんとコールしました。マップや天気などのモバイル通信もでき、AmazonミュージックもApple Watchで聴くことができました!

これから、またいろいろ試してみて、使い勝手などをご報告したいと思います。スマホを持たずに出かけられるのは、なんだかワクワクします!

ちなみに、2022年6月30日までに申し込むと、今なら3カ月無料で利用できます。

ではでは、本日も最後までありがとうございました!

軽量ワイヤレスヘッドセットを運転中の通話用に。Siriが使えるのも便利!

今日は購入したワイヤレスヘッドセットを耳につけて、運転をしながらiPhoneのGoogleドキュメントを立ち上げ、音声入力でブログの下書きをしています。今回、購入したヘッドセットは3500円ほど。マイク部分が7.5cmあり、口までは届かないのですが、やや近くまでマイクがくるようになっており、私は運転中に着信があったときに、これで通話ができればと思って購入しました。

f:id:ma_sugiyama:20220322215526j:plain

マイクのおかげで音声入力も精度よくできます

運転中の電話使用がメインの目的なのですが、せっかくマイクがあるので、これで音声入力ができるのではないかと思い、試してみました。走行中でも、ちゃんと音声を認識して、どんどん文字になっています。iPhoneの音声入力は、句読点や改行を口頭で入れられるので、スマホには一切手を触れることなく、音声入力で文章が書けるところがいいですね。

2台のデバイスに接続可能。13gの軽さもポイント

このBluetoothのワイヤレスヘッドセットですが、選んだポイントの一つは、2台のデバイスに接続でき、同時に使用が可能なところです。私は普段、スマホをiPhoneとAndroidの2台使っていますので、しかも両方に音声SIMが入っているので、どちらにもつながるというのは便利だなと思います。

もう一つのポイントは、着け心地が良さそうだったところです。左右のどちらの耳にも使える耳掛け用のパーツがついていて、これを耳の裏側にかければ、イヤホンが耳から落ちることはありません。また、重量は13gしかないので、ずっとつけていても気になりません。イヤーピースも3サイズがついており、自分に一番フィットするものを選べます。ちなみに私は一番大きいサイズがぴったりきました!

f:id:ma_sugiyama:20220322215941j:plain

電池もけっこうもちまして、音楽再生連続12時間、通話連続10時間とサイトに書かれています。実際に、どれだけもつかはまだ試せていませんが、もし、充電がなくなってしまっても、ケースに入れれば充電でき、合わせて55時間使用できるそうです。ちなみに、ケースに入れると電池残量が表示されます。

Siriが呼び出せるのも運転中に便利です

運転中に便利だなと思ったのは、本体中央のボタンを2回連続で押すと、Siriなどのアシスタントが立ち上がるところです。これで、「●●まで案内して」とマップのルート案内を使ったり、近くのコンビニや駐車場を調べて、そこまでのルート案内をしてもらったり、メールやLINEを送ったり、運転中にいろいろハンズフリーでできます。

f:id:ma_sugiyama:20220322220234j:plain

音楽ももちろん聴けますが、あまり音質は良くないです。中央のボタンで音楽の再生・停止ができ、音量調整ボタン(上写真)で音量調整と曲送りや戻るもできます。

もう一つ、電話中にミュートボタン(下写真)というのがあって、そのミュートボタンを押すとこちらの声が相手には聞こえなくなるという機能がついています。まだ使ったことはないのですが、いわゆる保留ができるようです。

f:id:ma_sugiyama:20220322220313j:plain

音質はそんなによくないですが、運転中に通話したりSiriを使ったり、今回のように音声入力をしたりするためのものとして割り切って使えば、3500円はなかなかいいのではないかなと思いました。まだ購入したばかりですので、あとはすぐに壊れないかだけが心配ですが…😅

ではでは、また数週間使ってみて使い勝手を報告したいと思います。本日も最後までありがとうございました!

 

Apple Watchは体調の変化にも気づけ、高齢の方にもおすすめ!

昨日、Apple Watchのことを書いた流れで、今日もまたApple Watchについて少し書いてみようと思います。

私が、最近思っているのは高齢の方ほど、Apple Watchなどのスマートウォッチやスマートバンドを身に着けて、体のデータを日々記録して把握するようにしていけば、もし何か体に異変があったときにも、早く予兆に気づけるのではないかということです。

というのも、私がApple Watchを身に着けるようになったのは4年ほど前からですが、きっかけはある病気をして、心拍数の状態を常に把握したいなと思ったからです。もう一つは、Apple Watchで支払いができる機能に引かれたのも理由です…😅

心拍数や睡眠の質が把握できる

f:id:ma_sugiyama:20220319233739j:plain

実際に、それから毎日身に付けていますが、毎朝起きてすぐに見るのが「AutoSleep」というアプリで、その日の睡眠全体の長さや深い睡眠の長さ、寝ている間の心拍数の変化などをチェックします。上の画像が、昨晩の睡眠のデータです。

その後、「HeartWatch」というアプリで(下の画像)、寝ている間の心拍数をより詳しく見ます。この心拍数の変化を見ると、だいたい体調が良いかどうかが分かります。例えば、寝ている間の心拍数がいつもよりも高い場合、その後、いつも体温を測るんですが、体温が平熱より高くなっていることが多いです。これが風邪の予兆だったりするので、早めに気をつけることができます。また、寝ている間の心拍数が高い理由として、あくまで私の経験からですが、前の日中や晩に食べ過ぎたときやカロリーの高いものを食べたとき、多くの距離を歩いたときなどに、寝ている間の心拍数が高いことがあります。

f:id:ma_sugiyama:20220319234024j:plain

こんなふうに心拍数の数値の変化を見ているだけでも、体の状態の把握につながるんじゃないかと思います。また、「HeartWatch」で睡眠中の心拍数を見ると、寝ている間に寝返りなどをうって動いているか、深い眠りでじっとしているかなども把握できます。上の画像で、上から紫の線が伸びていますが、線が下へ長く伸びているほど動いていたことをあらわします。紫の線が下まで来て、水色の点々(心拍数)の数値が途切れているところは、起きてトイレなどに行ったときになります。

また、最近ですと、Apple Watchで寝ている間の平均の呼吸数も、把握できるようになりました。また、スマートウォッチやバンドの種類やアプリによっては、レム睡眠やノンレム睡眠の長さなども把握できるものもあります。

ワークアウトも計測・記録できる

このほか、フィットネスのアプリでは、さまざまなワークアウトの計測ができ、私が普段つかっているウォーキングでは、歩数はもちろん、歩いた時間や距離、歩いているときの平均心拍数、平均ペース、消費カロリーだったりも把握できます。

私のApple Watchはシリーズ3なので使えませんが、シリーズ4以降だと心電図のアプリもあります。また、深呼吸のアプリがあったり、長時間座っているとそろそろ立ってくださいと知らせてくれる機能などもあります。

スマートバンドだと4〜5千円のものも

Apple Watchですと3万、4万くらいしてしまいますが、私が別途使っている「mi band 5」などのスマートバンドですと、4千円、5千円のものもあったりします。mi band 5でも、心拍数や睡眠の質なども計測できましたし、ワークアウトもそこそこちゃんと計測できます。最新は「6」が出ていると思います。

ただ、さらに安いものですと、もしかしたら心拍数や歩数などの計測精度が良くないこともありますので、一度、購入前にはレビューなどを調べてみるといいと思います。というか、高齢の方が使うときは、周りの方がかわりに調べてあげるのがいいかもしれません。

体組成計も一緒に使うとより体が把握できる

こういったスマートウォッチやスマートバンドが出てくる前までは、自分の心拍数の変化や睡眠の質などを、常に把握できるなんてことはありませんでしたので、私はそのデータを見ているだけでも楽しいなぁと思います! このほか、血圧が測れたり、血糖値が計測できるようなスマートウォッチも登場してきたり、さらにできることが増えていきそうで楽しみです! また、スマートウォッチだけでなく体組成計も一緒に使うと、より自分の体の変化が把握できると思います。

ではでは、今日も最後までありがとうございました!