Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

会いにいってきました!『TURNS』vol.33

地方での暮らしを提案する雑誌『TURNS』(ターンズ)。現在発売中の最新号で、愛知県三河山間エリアの暮らしを紹介するブックインブック(16P)の取材・原稿を担当させていただきました!

f:id:ma_sugiyama:20190102101813j:plain

左側が、担当させていただいた冊子。巻末に挟み込まれています!

 冊子のカバーは、新城市の「四谷の千枚田」で撮影。このためだけに、たくさんの地域の方が集まってくださって、ほんとうにありがたかったです!

 

f:id:ma_sugiyama:20190102102456j:plain

f:id:ma_sugiyama:20190102102512j:plain

三河の山里でチョウザメの養殖に挑戦する方をはじめ、ゲストハウスを営む方や、廃校になった小学校を地域の拠点として活用しようとする方など、12人の皆さんを取材させていただきました。

 

同じ愛知といっても、私が住んでいるのは名古屋近郊の平地が広がっている場所。今回、奥三河の山里をじっくりと回らせていただき、名古屋から1時間~1時間半ほどでありながら、すごく自然が豊かで、魅力的な挑戦をしている人も多く、またぜひ訪れたい場所になりました!

 

『TURNS』を書店で見かけたら、ぜひ手にとっていただき、奥三河のことを知っていただけたら嬉しいです!

 

ではではまた!