Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

【01下調べ編】編集者・ライターの仕事とiPad

なんとなくスタートしてみました! 「編集者・ライターの仕事とiPad」というシリーズ。最初は「下調べ編」です。

取材や打ち合わせに行く前に、その会社のホームページなどを出力して、チェックして、資料として持参するという機会はよくあります。そんなときに、iPadが活躍します! 何かの参考になりましたら、嬉しいです!

 

◎用意するもの

  • iPad(Apple Pencilに対応のもの)
  • Apple Pencil
  • ウェブページをPDF化できるブラウザ(今回は「Smooz」を使用)
  • ノートアプリ(「GoodNotes5」を使用)

◎どんなときに使えるか

  • 取材や打ち合わせに行く前に、その会社やお店、人物について、色々と調べて資料を作成するとき。
  • 以前であれば、公式サイトやSNSなどをチェックし、必要なページを出力。重要な箇所に下線を引いたり、メモや質問事項を書き込んだりしたうえで、その「出力紙の束」を現場に持参していた。
  • その下調べの作業が、iPadだけで行える!
  • 現場に持っていくものも、iPad(+Apple Pencil)だけ。

◎メリット

  • パソコンやプリンタ、出力紙、インク、ペン、定規などを使わなくても、作業ができる。
  • iPadさえあればOKなので、どこにいても、移動中でも、出張先でも、下調べができる。

◎作業の流れ

1.ブラウザの「Smooz」で、PDFとして保存したいウェブページを開き、右下の点々をクリック!

f:id:ma_sugiyama:20190711224441j:image

 

2.点々をクリックして出てきた、「シェア」をクリック!

f:id:ma_sugiyama:20190711224504j:image

 

3.「PDFを作成」をクリック!

f:id:ma_sugiyama:20190711224517j:image

 

4.PDFができ上がるので、右上の「共有マーク」をクリック!

f:id:ma_sugiyama:20190711224531j:image

 

5.開いた中にある、「GoodNotes」にコピーをクリック!

f:id:ma_sugiyama:20190711224550j:image

 

6.すると「GoodNotes」が開くので、読み込む場所を選んでから、「読み込む」をクリック!

f:id:ma_sugiyama:20190711224601j:image

 

7.PDF化したウェブページを、「GoodNotes」に取り込むことができました。

f:id:ma_sugiyama:20190711224614j:image

 

◎「GoodNote5」に取り込んでからの作業については、動画にまとめてみました!

  • PDFとして取り込んだ資料を読みながら、気になったところに下線を引いたり、メモや質問を書き込んだりできます。
  • ペンの種類や色も、たくさんの中から選べます。
  • フリーハンドで描いた線が、自動で真っ直ぐになる機能がある。移動中の揺れる電車の中でも、真っ直ぐ線が引けます!
  • 取材の現場では、こうやってつくった資料を、iPadで見ながら質問をしていきます。

▼ぜひ、参考にご覧ください!

youtu.be

 

ではでは、また次回もお楽しみに~!