Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

【02予定・タスク管理編】編集者・ライターの仕事とiPad

私なんかは、そもそも、そんなに管理しなければならない予定はないのですが、それでも、日々、取材をして原稿を書いてと仕事をしていると、資料の準備やアポ入れ、関係各所への連絡、原稿の作成、校正などなど、やらなければならないこと、忘れてはいけないことが、いろいろと出てきます。

以前は、「紙の手帳」で、これらを管理していました。

 

そこから、取材や打ち合わせなどの予定は「Googleカレンダー」で管理するようになり、細々とした仕事は「Todoist」「Google keep」などのアプリに書き出して、確認してきました。

ただ、この方法だと、複数のアプリにやるべきことが分散してしまい、一元管理ができないという問題点がありました。結局、「Todoist」や「Google keep」などは、ほぼ使わなくなってしまいました。。その後、試行錯誤していたときに出会ったのが、今回紹介する「Planner」という手帳アプリで、もう半年以上、愛用しています!

Planner for iPad

Planner for iPad

  • Takeya Hikage
  • 仕事効率化
  • 無料

apps.apple.com

 

この「Planner」の素晴らしいところは、「Googleカレンダー」(iOsカレンダー)に入力している予定と、手書きのTodoリストを一元管理できるところです! まさに紙の手帳の代わりとして、むしろ紙の手帳のアナログ感を楽しみつつ、デジタルのいいところも生かして、予定を管理することができます!

 

というわけで、今日はiPadを使った【スケジュール・タスク管理編】です。

 

◎用意するもの

  • iPad(Apple Pencilに対応のもの)
  • Apple Pencil(ロジクールCrayon)
  • Planner for iPad (無料 App内課金あります)


◎どんなときに使えるか

  • 「Googleカレンダー」(iOsカレンダー)の予定と、その他のタスク、Todoリスト(手書きによる)を一元管理したいとき。
  • デジタルツールを使って予定を管理したいが、手書きなど、紙の手帳の良さも大切にしたいとき。

◎メリット

  • これまでと重なりますが、予定が一元管理できる。
  • 紙の手帳感覚で使える。
  • なによりも、基本的に無料で使えるところが、素晴らしいです!!


◎使い方

記事の一番下に、使い方の動画を掲載していますので、よかったらどうぞご覧ください!

基本的な機能は、次のとおりです。 

f:id:ma_sugiyama:20190721104515j:image

  • 1日1ページが基本。ほかに、「月」「週(バーチカル)」「週(レフト式)」の表示ができます。
  • デイリーのページは、左側に連携した「Googleカレンダー(iOSカレンダー)」の予定が、表示されます。
  • 右側はフリースペース。私はここに、日々のTodoリストを書き出しています。

f:id:ma_sugiyama:20190721104527j:image

  • マンスリーのページにも、「Googleカレンダー(iOSカレンダー)」の予定が、自動で反映されます。その上に、Apple Pencilで、手書きの文字などを書き込めます。

f:id:ma_sugiyama:20190721104540j:image

f:id:ma_sugiyama:20190721104550j:image

  • ふせんやマスキングテープを貼ったり、写真を挿入したり、スタンプを押したりと、手帳のページを楽しくアレンジできます。

f:id:ma_sugiyama:20190721104557j:image

 ▼使い方をカンタンに、動画にまとめてみました!

 


iPadにオススメ。手帳アプリ「Planner」の使い方。

 

◎もっとこうだったら!

  • 無料で使用できるので、もう十分すばらしいのですが、iPhoneでも使えたら良いなと、、(iPhoneがApple Pencilが使えないので、そもそも難しいのかもしれませんが)。
  • また、複数の端末で同期できたら、より便利かなと、個人的には思っております!

 

以上、「編集者・ライターの仕事とiPad 【02予定・タスク管理編】」でした。

ではでは、また!