Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

雑記

いろいろなものを増やすよりも、減らしていくことに興味がある。どんどん何かを入手するのではなく、できる限り削ぎ落としていくことに意味があると感じる。

例えば、これまでにも書かせてもらってきたが、移動時の持ち物を極力減らしたいのも、その一つ。荷物が少ないとラクだというのもあるが、それよりも、本当に必要なものを見極めたい。今まで当たり前だと思っていたことを、すっぱりとやめて(紙のノートをやめる、文字起こしを音声で行うなど)、必要なものだけをポケットに入れて、ひょうひょうと取材に行って、フラフラと帰ってきたい。

気づけば、テレビのケーブルも抜いてしまった。事故の瞬間や誰かが怒鳴っている様子、人が人を殴っている映像などを目にしなくなり、よかったと思う。

これまで必要だと思ってきたものや、常識だと感じてきたことにも、縛られないようにしたい。新しい何か面白そうなことがあれば、なるべく試してみる。でも、違うと感じたり、もっといい方法が見つかったら、すぐに止める。サブスクや通信費など、いろいろ試しつつ、本当に必要なものだけを選ぶようにして、金銭的にも身軽でありたい。

こんなふうに考えるようになったのは、昨年、体調を崩し、数カ月働けない経験をしてから。あのときは大変だったが、今思えば、ムダだらけだった自分を見直す、いいきっかけになったと思う。やりたいこと、試してみたいことも、次々と出てくる。また、ここで経過や結果を紹介できればと思います。

ではでは。