Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

プラスチックのカードは、持ちたくない

10月1日から、消費税が10%に上がり、それと同時に「キャッシュレ・ポイント還元事業」も始まった。当初は、アプリの使い勝手がとても悪くて話題になったが、最近は改善されてきているらしい。最初があまりにひどかったので、私はもう使うことはないと思ってアプリを削除してしまった。

今回のキャッシュレス事業では、ご存知のとおり「中小規模事業者の場合は5%還元される」仕組みになっている。私が、普段利用しているスーパーは、何軒かあるのだが、すべてこの5%にも、2%にも該当しない。

近くで、ポイント還元事業に該当するスーパーは、一軒しかない。あとはコンビニばかり。そのスーパーには、ほとんど行ったことがなかったのだが、「せっかくだから5%還元を試してみたい」という気持ちもあり行ってみたところ、使えるのは「そのスーパー専用の電子マネー」だけだった(涙)。クレジットカードや、その他の電子マネー、QRコード決済などは、まったく使えないことが判明。

どうするかかなり迷ったが、試したいという気持ちが勝り、その場で会員登録。そこでしか使えないプラスチックの電子マネーカードを作り、チャージをして利用しています。ちなみに、そのスーパーの中に、チャージできる機械は1台しかない。レジではチャージできない。そのため、週末などはそこに列ができている。並んでまで、使いたいとは思わないなぁ。

 

財布はなるべく軽くしたい。だから、プラスチックの電子マネーや、ポイントカード類は数枚しか入れていない。本当に必要なときだけ、必要なカードを持ち歩くようにしている。

今や、Apple Payやアプリなどを活用することで、カードは持ち歩かなくてもよくなっている。iDやQUICPayなどは、チャージもしなくていい。せっかくのキャッシュレス還元事業なのに、なんだか時代を逆行しているような気がするのは、私だけだろうか。まぁ、あと半年ちょっとしたら無くなる制度だから、どうでもいいと言えば、それまでなのだけれど。

ではでは。