Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

書き込みたい人ほど、「デジタル手帳」がおすすめ

この時期になると、いろいろな人の手帳の中身を紹介した「手帳術」をテーマにした記事を見かけますが、たいてい狭いページのなかに、細かな文字でびっしりと書き込まれています。

紙の手帳は、毎日持ち運ぶことを考えると、軽くてコンパクトなほうがいい。けれど、内容もいろいろ書き込みたいとなると、どうしても細かな文字になってしまいがちです。そんなびっしり書き込まれた手帳を見ていると、手帳に細かくきれいに書くことが目的になってやしないか? と思ってしまうのです。

その点、このブログで何度か紹介させてもらっている、「デジタル手書きの手帳」は、アプリによってはページを自由に増やせたり、目的によって手帳を複数冊作れたりします。Googleカレンダーと同期できたり、iPhoneやiPadなど複数の端末で同期できるものもあります。マンスリー、ウィークリー、デイリーの各ページが設けられていて、それぞれが日付でリンクされているものもあります。

私は、メインで「Planner」というApple Pencilで書き込める、iPad向けの手帳アプリを使っています(夏にアップデートされて、今はまだ閲覧機能だけですが、iPhone版のアプリも登場しました。有料版にすると使えるようになるそうです)。また、補助的に「Noteshelf」というノートアプリのテンプレートとして用意されている、デジタル手帳も活用しています。

このほか、仕事で使うノートや資料、雑誌、書籍などもすべて含めて、iPad miniに収まっているので、ふだん持ち歩く荷物をごっそりと減らすことができます。

という私も、つい昨年までは、紙の手帳を持ち歩いていましたし、手帳を数冊購入して、使い比べなどもしていました。荷物がいっぱい入ったカバンを、何の疑問もなく、いつも持ち歩いていました。自分で言うのもあれですが、ほんとに人って変わるものですね。。

以下の記事は、以前「Planner」アプリについて紹介させてもらったものです。よかったら、ご覧ください!

ではでは。

www.ainiyuku.nagoya