Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

2020年の手帳を、iPadアプリ「Planner」→Galaxy Note「てがき手帳」に変更しました!

もともと、紙の手帳が好きで、ずっと使っていましたが、「Googleカレンダー」で取材の予定などを管理するようになって、だんだん紙の手帳は使わなくなっていきました。

むしろ、紙の手帳と併用することで、デジタルとアナログの予定の同期がちゃんとできていなくて、バッティングしそうになるなど、管理が面倒なところも多く、紙の手帳は、昨年から使わなくなりました。

その代わりに使うようになったのが、iPadの「Planner」というアプリです。これまでに、何度かこのブログで紹介させていただきましたが、「Googleカレンダー」(iOsカレンダー)に入力している予定が、マンスリーやウィークリーの手帳を再現したページに反映され、その上や横の空いたスペースに、Apple Pencilによる手書きで、いろいろ書き込めるところが、このアプリの素晴らしいところ! 私は、デジタルの手書きで、その日やらなければならないことをざっと書き出し、終わったら赤字で消す、という使い方をしています。

まさに、紙の手帳のような使い勝手と、デジタルのカレンダーアプリのいいとこ取りができるので、とても気に入って使ってきました。

www.ainiyuku.nagoya

www.ainiyuku.nagoya

ただ、手書きの書き込みができるのが、iPad版のみ。iPhone版も登場しているのですが、現状ではクラウドで同期した予定の閲覧ができるのみ(有料プランに申し込みが必要)となっています。

私は無料版をiPad miniで使っていたのですが、外出するときにiPad miniを持ち歩いていないと、Plannerに書き込んだ内容は見られないという状態でした。また、iPad miniは小さいとはいえ、外出先でさっと取り出しにくいというのも、ちょっとした難点でした。

そこで、先日から使い始めたのが、ドコモ版のGalaxy Note8に搭載されているアプリ「てがき手帳」です(Note9や10+にも、ドコモ版のみですが、搭載されているようです)。

play.google.com

今日はいいところ、ちょっと残念なところを、箇条書きでまとめさせていただきますね。

いいところは、

  • (Plannerと同じく)Googleカレンダーと同期できる
  • (Plannerと同じく)登録されている予定の上や開いたスペースに、デジタル手書きで書き込める。
  • 「週メモ」「月メモ」というフリーページがあり、そこにTodoリストなどを書き込める。
  • さらに、Galaxy の『Galaxy Notes』というアプリと連携でき、Sペンで書き込んだメモを、カレンダーに貼り付けることができる。メモは複数、貼り付けられる。これがけっこう便利です!
  • スマホ用のアプリなので、常に持ち歩いており、いつでも手書きの予定を含めてチェックできる。

f:id:ma_sugiyama:20200118213643j:plain

一方、ちょっと残念なところは、

  • Galaxy Note、しかもドコモ版だけでしか使えないアプリという点。
  • iPadやiPhone、Mac版はもちろんなく、見ることができない(何か同期する方法があるかもしれないですが。。)
  • デザインがシンプル(はっきり言えば、あまりよくない)。
  • メモを貼り付けることはできるが、それ以外の手書き可能スペースが少ない、などです。

少し不満なところもありますが、無料で使えるのはiPad版のみの「Planner」と比べると、常に持ち歩いているスマホで利用でき、デジタルのカレンダーアプリと、手書きのいいとこ取りができるという点では、なかなか素晴らしいデジタル手帳アプリなのではないかなと思っております。

まだ、使い始めたばかりなので、さらに使い込んでみて、また便利な使い方を、ご紹介していけたらと思います!

ではでは!