Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

ペーパレス化した資料を、Galaxy NoteとiPadで共有するために

またまた、「Galaxy Note」の話題です、笑。

今までは、iPad miniを取材時のデジタルノートとして活用してきました。取材先のwebページや資料もPDFで取り込んでペーパーレス化し、すべてiPad miniで見られるようにしていました。

そのデジタルノートとして、資料をペーパレス化するツールとして、非常に使い勝手がよく、長らく愛用しているのが「Goodnotes 5」というノートアプリです。このブログでも、これまでに何度か紹介してまいりました。

ただ、今回新たに「Galaxy Note8」を使い始めたことで、これまでの資料をペーパレス化する流れを、少し見直す必要が出てきました。その理由は「Goodnotes 5」は、Androidのアプリがないからです。そこで活用することにしたのが、マイクロソフトの「OneNote」です。 

OneNoteは、よくEvernoteと比較されるデジタルノートアプリで、使っている方も多いと思います。私も、Evernoteが無料では月に60MBまでしかアップロードできないので、その代わりとして、試しにOneNoteを使っていた期間がありました。ただ、最近はあまり活用できていませんでした。

そのOneNoteを、どう使うことにしたかと言いますと、取材時に訪問先のウェブサイトや資料などを、iPadのGoodnotes5に取り込み、いろいろ書き込んでメモをするところまでの流れは、これまでと同じで変わりません。先日も、その方法を動画で紹介させていただきました(よかったら、下記をご覧ください!)

www.ainiyuku.nagoya

その、Goodnotes5に取り込み、いろいろ書き込んだ資料を、最後に「共有」から、「すべてを書き出す」を選び、PDFで書き出し、OneNoteにコピーします。わずか数秒で、OneNoteにも資料が保存できますので、作業負担はほぼありません。OneNoteは、iOsやMac版も、アンドロイドのアプリもあり、これでどのデバイスからも資料を閲覧できます。また、メモを上から新たに書き込むことも可能です。

一つ、ポイントは、OneNoteは無料で利用できるのですが、OneDriveにデータが保存されるので、無料版だと最大5GBまでしか利用できないようです。私は、Officeのサブスクリプション版を使っているので、それであれば、1TBまでOneDriveが利用でき、容量いっぱいまで使い切ることは、なかなかなさそうです。

「Galaxy Note8」を使い始めたことで、仕事の流れを見直したり、工夫を加えたりして、より良くしていくのが、やはり面白いですね。まだまだ、試している段階ではありますので、また変化したら、今度は動画も使って、よりわかりやすく紹介できればと思っております。

ではでは!