Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

【はじめての車中泊】準備編・マットを敷いてみました!

www.youtube.com

あちこちに取材に行かせていただく編集者・ライターの仕事のなかで、経費として大きいのが、「交通費」と「宿泊費」です。交通費は、基本的に出してもらえるのですが、宿泊費については、宿泊がどうしても必要な場合(翌日も取材の場合など)を除いては、出ないことが多いです。

日帰りで戻ってこれるのであれば、宿泊はせずに帰ってきてほしいというのが一般的です。まあ、経費をできるだけ抑えるために、それは当然なのですが、せっかく取材で遠方まで出かけても、すぐに帰ってこなければならないというのは、なかなか悲しいものがあります。。また、そういう場合、帰りの移動が夜になることが多く、ちょっと危ないなぁという心配もあります。

そこで、【車中泊】ができれば、宿泊費を浮かせつつ、取材にうかがった先で、いろいろと他のところも巡って、情報収集もできるのではないかと思い、「車中泊マット」なるものを買いました!

というか、数年前に買ってあったのですが、ちょっと体調のこともあり、ずっと使っていなかったのですが、いよいよ使ってみようと思い、本日テストで車内に敷いてみました!

f:id:ma_sugiyama:20200209201944j:plain

車中泊マットを敷くために、これから椅子をたおします!

f:id:ma_sugiyama:20200209202207j:plain

助手席を前に倒します

f:id:ma_sugiyama:20200209202251j:plain

背もたれの右上のレバーみたいなものを起こすと、後部座席が前にたおれます。

f:id:ma_sugiyama:20200209202340j:plain

助手席と後部座席を倒したら、隙間にヘッドレストを入れます

f:id:ma_sugiyama:20200209202415j:plain

上にマットを並べて完成です!

非常に簡単! 数分で敷くことができました。この後、寝転がってみましたが、やはり段差や隙間がなく、脚や体が伸ばせるのがいいですね! 寝転がった感触は、病院とか、接骨院とかにある、診察のときに横になる黒いベッドに似ていると感じました。この上に寝袋か、もしくは敷布団的な何かを敷いたら、もう寝心地は完璧だと思います!

なお、後部座席側が、ちょっと下がっているので、助手席側に頭、後部座席側に脚、という向きで寝るのがいいかもしれません。もしくは、枕で調節すれば、反対向きで寝ても気にならないかもしれません。

なお、今後まず揃えたいもの

  • 寝袋
  • 窓を覆うカバー(日差しと冷気を防ぐため)

また、引き続き、準備や実際の車中泊の様子なども、このブログで紹介できればと思っております!

ではでは、また!