Ainiyuku. あいにゆく。

フリーの編集者・ライターのブログ。

GoodNotesやNotionなど、長く愛用するアプリの共通点

普段、いろいろなアプリを試しては使うのをやめてと、試行錯誤を繰り返しているなかで、仕事で長く愛用するようになるアプリには、共通した特徴があると思いましたので、ちょっとまとめてみたいと思います。それはずばり!  いろんな端末で同期して使えることです。

多くの端末で同期して使えること

例えば、今このブログは Android のスマートフォンで「Google ドキュメント」で音声入力を使って、お風呂に入りながら書いています。最近、下書きはお風呂などで書いて、最終的にはPCで読み返しながら、修正を加えてアップしています。ご存知のとおり、Googleドキュメントは、あらゆる端末で使えます。

また、やることリストなどをざっと書き出して使っている「Notion」も、iPhone でも Android でもMacでも iPad でも開けて、すぐにリストを追加したり、チェックしたりと、作業もどんな端末からでもできます。

デジタルのノートアプリは「GoodNotes 5」をずっと愛用していますが、これは残念ながらAndroid では使えませんが、 iPad と iPhoneで同期して使えるのが非常に便利です。iPad で色々手書きで書き込んだノートや、先日紹介したデジタルプランナーの手帳を、 出先などでiPhoneでもさっと見ることができ、ちょっとしたことなら、スタイラスペンや指で書き込んでメモできます。ちなみに、Mac 版もあります。

この他、何か思いついたことを音声入力で簡単にメモするときに使っているのが、「Google Keep」というメモアプリです。これもあらゆるデバイスから利用できます。昨日のブログにも少し書いた「Adobe Scan」というアプリは、iPhoneでも、Androidでも、  iPad でもスキャンでき、保存したデータは同期されてどの端末からも見ることができます。これも、とても便利です。

同期が素早く、サッと開いてすぐに使えるのもポイント

同期の速さも重要ですね。できるだけ瞬時に同期されたほうが、使い勝手がいいです。そのうえで、もう一つのポイントは軽くてどの端末でもすぐ開け、すぐに使えること。最近では、スマホでパッと作業することが多いので、サッと開けてスムーズに作業できることが、個人的には重要だと感じています。

今日は、私が長く仕事で使っているアプリの共通点をまとめてみました。これからも、いろんなアプリを試していきたいと思います。ではでは、最後までありがとうございました!