Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

家庭菜園を、この春から始めた理由

(↑動画が再生されないときは、右上のポップアウトを押してください!)

 

今日は、2本のうねにマルチを張り、サツマイモの苗を植えました。明日から雨の予報ですので、その前に植えておきたかったのです。

畑へは、1週間ぶりに足を運んだのですが、草がけっこう生えてきておりました。これから、梅雨→夏に向けて、草たちの勢いがどんどん増していくので、こまめに足を運んで、草取りをしなくては💦 マルチを張れるところはできる限り張って、予め草を防いでおきたいと思います。

今年の春から畑を借りて、家庭菜園を始めました。このブログで、畑のことをちゃんと書くのは初めてですので、「どうして野菜づくりをやってみようと思ったのか」について、まとめておきたいと思います。

実は、家庭菜園に挑戦するのは、私は2回目です。10年以上前に、金沢に住んでいたときにも畑を借りて、2年ほど野菜づくりを楽しんでおりました。当時は会社員でしたので、昼休みとか、定時がすぎてから、仕事を抜けて水やりに行ったり、収穫をしたりしておりました。とれたての野菜は、みずみずしさが本当に違って、僕みたいな素人がつくった野菜でも、とってもおいしいのです☺️

そんな楽しかった思い出があり、東京から地元へUターンしたときに、いつかまた畑を借りて野菜をつくりたいなぁ、、と思っていました。けれど、なかなか余裕がなく、できていなかったのですが、今回のコロナのことがあり、良くも悪くも時間ができそうだなと直感し、緊急事態宣言が出る前に畑を探し始め、見学にうかがい、借りることを決めたのでした。

やはり、緊急事態宣言が出てからは、県外はもちろん、県内でも外出自粛の動きがあり、取材が延期になったり、取材自体がなくなってしまったりして、時間ができました。今後どうなっていくのか、もちろんかなり不安ではあるのですが、家に閉じこもっていても、気が滅入ってしまうばかりです。幸い、畑では人にほとんど会いません! ごくたまに、隣の方などと会って、挨拶させていただくくらいです。ですので、外の空気を吸って畑で作業をするのは、とてもいい気分転換になっております!

 

時間ができそうだなと感じて、以前からやりたかった畑を借りたのですが、理由はそれだけではありません。いま、テレワークが推奨され、通勤せず、会社に集わず、それぞれがそれぞれの仕事をする方向に変わりつつありますが、今後もっと、働き方や暮らし方が変わっていく気がします。

それが、どんなものになるのか、まだ私にはわかりません。けれど、なんとなく感じるのは、「集団」ではなく「個人」、「消費」ではなく「創造」、「流行り」ではなくて「普遍的なもの」、という方向に、関心がより強まっていくのではないかなぁということです。その変化の方向に、野菜づくりは沿っていると、これもまた直感的に感じたからというのが、もう一つの理由です。

ときどき大家さんにも畑でお会いし、ありがたいことに、野菜づくりについていろいろ教わっております。自分で食べる分の野菜は、なるべく自分でつくれるようになるのが、当面の目標です。

以上、まとまりがなくスミマセン😅 またときどき、畑の様子も紹介させていただけたらと思います。ではでは!

「外出自粛」を機会に、仕事や暮らしを見直そう!【後編】

「前回のブログ」↓ では、なかなか外出できないこの機会に、せっかくだから仕事や暮らしを見直そう! ということで、私が数年前に体調を崩して、半年ほど取材に出られなかったときに、心がけたことや改善したことなどを紹介させてもらいました。

www.ainiyuku.nagoya

前半では、

  • 1.固定費の見直し
  • 2.部屋の片付け、仕事しやすい環境づくり
  • 3.仕事(なかでも日々のルーティーン)の見直し、効率化

について、書いてきましたが、今日はその続きで、次の3つについてまとめていきたいと思います! 少しでも参考になりましたら、とても嬉しく思います☺️

4.生活スタイルの見直し

数年前に外出できなかったときは、体調を崩していたこともあり、「新しく何かを始める」というよりも、何かを「やめたり」「減らしたり」することをメインに行いました。なかでも、私がやめて良かったのは、「お酒」です。

もともと家ではほとんどお酒は飲んでいなくて、飲み会などでしか飲んでいなかったのですが、まったく飲まなくなったことで、いい変化がたくさんありました! 詳しくはまたいつか書かせてもらえたらと思いますが、お酒を飲まないことで、物事をじっくり考える機会が増えた気がします。飲む時間、アルコールに酔っている時間がなくなり、別のことに使えるようになりました。頭も、以前よりもよく回るようになったと感じています。

5.健康づくり

以前は、まったく無頓着だった「健康」についても、体調を崩したのを機に見直すことにしました。なんとなく興味本位で買ってみたのが、「Apple Watch」です。これが健康に気を付ける、とても良いきっかけになりました!

なぜなら、Apple Watchを身に付けることで、常に「心拍数」が把握できますし、毎日の「睡眠の質」や「運動量」も記録できて、ちょっとずつ改善していこうという意欲が自然と湧いてくるからです。

昔、毎日体重を測るだけで痩せるというダイエット法があったと思いますが、数字で知ることは重要だなと思います。日々の歩数が目に見えてわかるだけで、自然ともっと増やしたいと思いますし、どうしたら増えるかと工夫するようになります。

Apple Watchでなくても、最近では安くて機能も豊富なウェアラブルデバイスが増えてきていますので、ぜひ試していただけたらと思います! なかでも、「睡眠の質」がわかるのは面白いです。寝ているときの心拍数や体の動きから、今日は深い睡眠が長いとか、逆に浅いとか、日々の睡眠の質が把握できます。私の場合、深い睡眠が長くなるのは、よく歩いた日や、頭を使った(原稿を書きまくった)日、夜12時よりも前に寝た日などです。季節は、暑い夏よりも冬や春、秋のほうが睡眠が深くなります。

このほか、血圧と体温、体重も、毎日記録するようにしています。なかでも、体温を毎日測っていると、体調の変化に早めに気づけるのでおすすめです。

▼Apple Watchについては、過去の記事もご覧ください!

www.ainiyuku.nagoya

www.ainiyuku.nagoya

 

6.情報入手の方法、発信について

最近では、どこを見てもコロナの情報があふれていますが、「情報をどう入手するか」も、生活の質を左右する重要な要素だと思います。私はもともとテレビはあまり見ていなかったのですが、数年前からは完全にテレビのコードを抜いてしまいました。

テレビについては、すべての番組ではないですが、多くのニュースやワイドショーでは、不安や危機感をあおるような情報や映像を繰り返し流す傾向があると思っておりまして、長く見ていると、もうこの世は悪いことばかり起きている😭と錯覚してしまいます。ですので、「接する量」を調整したほうがいいかなと、個人的に思っています。

やめること、見直すことは、新たな挑戦につながる

前回から、外に出られないのをきっかけに、仕事や暮らしを見直してみようと紹介してきましたが、振り返ってみると、固定費を減らしたり、物を捨てたり、仕事のやり方や習慣を変えたり、お酒をやめたりと、私はここ数年、何かをやめたり、減らしたりすることに、ずっと取り組んできたのだなぁと、あらためて思いました!

でも、何かをやめたり、減らしたりすることは決してマイナスではなく、次の新しいことを始めるための助走になると思います。いらないものを手放して身軽になると、新たにジャンプするときに、より遠くまで飛べると思うのです。

わたしは、外出できないのを機に、この春から野菜作りを始めました! また、ブログやYoutubeでも、紹介していきたいと思っています。車中泊のYoutubeも、新たに始めたことのひとつです。こちらも、なかなか出かけられずもどかしいですが、自宅でできることなどを、発信していけたらと考えています!

f:id:ma_sugiyama:20200501213605j:plain

f:id:ma_sugiyama:20200501213628j:plain

ではでは、また更新したいと思います。最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました!

www.youtube.com

「外出自粛」中の過ごし方。仕事、暮らしを見直すいい機会に

緊急事態宣言が全国に拡大されて以降、フリーの編集者・ライターである私も、取材が延期になったり、中止になったりしてしまいました😭  この状況がいつまで続くのか見えず、なかなか大変な日々ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

実は、こうやって取材に出られない毎日を過ごすのは、私は数年振りになります。というのも、数年前に体調を崩していた時期があり、半年ほど自宅療養していたからです。今はもう、すっかり良くなって仕事にも完全に復帰しているのですが、当時は、なかなか病状が良くならない時期もあり、「これからどうなってしまうのだろう……」と、不安な時間を過ごしていました。

そんなときに、私が心がけていたことを、今日はご紹介できたらと思います。今回、外出自粛で自宅にいる時間が増えたときにも、同じことを心がけて過ごしています。何か一つでも、ヒントになりましたら、とても嬉しく思います!

後回しになっていたことに手をつけたり、改善したりする時間に!

自宅療養していた当時は、退院して1カ月ほどは何もせず、だらだらとYoutubeを見たり、ゲームをしたり、寝たりという日々を過ごしていたのですが、少しずつ体調が戻ってくるにつれて、「せっかく時間があるのだから、今まで後回しになっていたことをやろう!」と思うようになりました。

その際に始めて、今でも続けているのですが、とにかく思いついた改善点やアイデアなどは、すべて「Evernote」や「One note」などのノートアプリに書き出し、日々更新しています。当時のメモを振り返ってみると、主に取り掛かった見直しは、次の6つになります。

  1. 固定費の見直し
  2. 部屋の片付け、仕事しやすい環境づくり
  3. 仕事(なかでも日々のルーティン)の見直し、効率化
  4. 生活スタイルの見直し
  5. 健康づくり
  6. 情報入手の方法、発信について

どれも、ほとんど外出することなく、すぐにできることばかりですので、もしよろしければ、参考にしていただけたら嬉しいです。

1.固定費の見直し

固定費の見直しは、毎月の出費を抑えることになり、一度見直すとずっと効果が続きます。同時に、例えば利用する「通信サービス」を乗り換えるなど、仕事や生活環境の改善にもつながるので、一石二鳥です! 私が見直した主な固定費は、以下になります。

  • ネット回線
  • スマホなどの通信費
  • サブスクいろいろ
  • クレジットカード、ETCカード
  • 銀行手数料
  • 脱コンビニ

「自宅のネット回線」

当時使っていたスマホと同じ会社の「ドコモ光」に乗り換えることで、セット割が適用されるように。通信速度も速くなってとても快適になりました!

「スマホなどの通信費」

iPhoneとiPadを、ドコモで契約していたのですが、すべて格安simに変更することで、3分の1くらいに抑えられました。結果的に、ドコモ光のセット割は受けられなくなってしまいましたが、それでも格安simのほうが、費用は大幅に抑えられています。

「サブスクいろいろ」

音楽や映像、本、仕事に使うアプリなど、あまり活用できていないものは解約したり、別のサービスに乗り換えたりと見直しました。今でも、日々新たなサービスを加えたり、解約したりと改善するようにしています。

「クレジットカード、ETCカード」

年会費とそれによって受けられる特典、さらに自分の利用頻度を考慮して、メリットが少ないカードは解約したり、ダウングレードしたり、見直しを行なっています。

「銀行手数料」

以前からインターネットバンキングは登録していたのですが、活用できておらず、銀行やコンビニのATMで現金を下ろしていました。それを極力キャッシュレスに移行することで、現金を引き出すのは月に1回弱に。それに伴い、時間外手数料などの無駄な出費もなくなりました。

「脱コンビニ」

固定費とは違うかもしれないですが、仕事の息抜きに、ちょこちょこコンビニで買い物をしていました。それを減らしていき、今ではほとんど立ち寄らないように。以前、よく買っていたペットボトルのお茶や、レジ横のコーヒーなども買わなくなりました。その代わり、仕事の気分転換として、自分でコーヒーを淹れるようにしています。

2.部屋の片付け、仕事しやすい環境づくり

心がけたのは、とにかく「モノを減らして身軽になること」です。仕事がら大量にあった雑誌や書籍は、古いものなどかなり減らしました。モノを減らすと、スペースが広く使えるようになりますし、机や棚の配置を変えたりと模様替えもしやすくなります。まだまだモノが多いので、この機会にさらに減らしたいです。

3.仕事(なかでも日々のルーティン)の見直し、効率化

仕事についても、日々締め切りに追われていたので、なかなか見直すことができませんでしたが、病気で出られなかったのをチャンスと捉えて、徹底的に見直しました。そのとき心がけたポイントは、次の3つになります。今でも変わらず、追求し続けています。

  • アナログからデジタルへ
  • とにかく身軽に
  • どこでも仕事! スマホ1台で

「アナログからデジタルへ」

以前は、かなりのアナログ人間でしたので、紙のノートや手帳、出力した資料など、すべてアナログのものを使っていました。それらを丸ごとデジタルに変更しました。最初はノーマルの「iPad」をノートや手帳代わりとして使っていましたが、それが「iPad mini」になり、今では「Galaxy note」と、スマホ1台あればノートも手帳も、資料も、すべて済むようになっています。また、「音声入力」などの技術もどんどん進歩していますので、仕事に取り入れて効率化を図るようにしています。

「とにかく身軽に」

取材など、外出時の荷物を極力減らすことを目指しています。「アナログからデジタルへ」と重なるところもありますが、仕事で使う道具から財布の中のプラスチックカード1枚まで、できる限り減らしてきました。現在も、もっと少なくできないか、常に考えています。

「どこでも仕事! スマホ1台で」

これも、上の2つとかぶっているところもありますが、場所に縛られず、どこにいても仕事ができるようにしたい。わざわざ、ノートPCを持ち歩かなくても、タブレットやスマホさえあれば、取材も原稿も完結するようにしたいと思っています。これはほぼ実現できており、緊急事態宣言が解除されたら、車中泊しながら色々な街を取材して巡りたいと妄想しております☺️

長くなってきてしまいましたので、
「4.生活スタイルの見直し」「5.健康づくり」「6.情報入手の方法、発信について」は、後編として別途アップさせていただけたらと思います!

ではでは、最後までありがとうございます。またよろしくお願いいたします。 

▼「後編」アップしました!▼

www.ainiyuku.nagoya

【車中泊 ハスラー】ラゲッジネットを天井に。DIYカスタム!

こんばんは、車中泊で全国を取材で巡れたらと、楽しみながら試行錯誤しているフリーの編集者・ライターの杉山です。緊急事態宣言もあり、なかなか車中泊に出かけられない今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか? 私はこの機会に、車中泊でより快適に過ごせるように、ハスラーをカスタムしまくろうと思っております☺️

今日は、以前こちら↓の記事で、ラゲッジスペース (トランク)にフックをかけられる金具を取り付けるという、とっても簡単なDIYを紹介しましたが、その第二弾になります!

www.ainiyuku.nagoya

ハスラーにはボルトを取り付けてカスタムできる【隠し穴】が、車内にいくつか設けられています(キャップでフタがされているだけです😅)。今回は、そのうち後部座席にある4つのボルト穴に、「カーゴフック」をDIYで取り付けて、天井に収納を兼ねたネットを取り付けたいと思います! ぜひ、最後までご覧いただけたら嬉しいです!

 

 【はじめに】車内にカーゴフックを付けると、どんなメリットがある?

f:id:ma_sugiyama:20200503190646j:plain

天井にネットを張って収納に!

f:id:ma_sugiyama:20200503190722j:plain

帽子やカバンをかけておくこともできます

ハスラーをはじめ、軽自動車で車中泊を楽しもうとするとき、普通に運転しているぶんにはいいのですが、いざ車内で寝泊りしようとすると、「スペース不足」を実感する人も多いと思います。まさに私も、先日の車中泊でそれを痛感しまして、なんとか収納を効率よくできるように、カスタムしたいなぁと思っておりました。

そこで、今回取り付けるのが、4つのカーゴフックです。たった4つ付けるだけですが、それによってネットを天井に張って、様々なモノが収納できたり、カラビナを使って帽子やカバンをかけたり、ロープを張っていろいろ吊るしたり、かなり便利に生まれ変わります! しかもとってもカンタンで、安くできるので、オススメです❗️

1.材料と道具

f:id:ma_sugiyama:20200503192352p:plain

最初に、材料と道具を紹介したいと思います。

▼材料

  • タナックス(TANAX) カーゴフック (2個入り) モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MF-4533……680円(購入時)×2

  https://amzn.to/3aQXLZ4

  • 車用2層式ラゲッジネット (60cm×80cm) ……2580円(購入時)

  https://amzn.to/2xiupUO

※最後、動画でも紹介しておりますが、ネットは2倍に伸びるという製品なのですが、設置すると後部座席に座ったときに頭に当たります。もう少し小さめか、伸縮率が低いものを選んだ方が良かったかもしれないと思っております。。ご参考までに。

▼道具

  • プラスドライバー
  • クリップハンドル……購入時869円

  https://amzn.to/2U7XURW
  https://a.r10.to/hI42Ec

 

2.ボルト穴のキャップを外す

f:id:ma_sugiyama:20200503194213j:plain

こちらが、ボルトの穴を塞いでいるキャップです。後部座席の窓の上にあります。これを、専用のクリップハンドルで外していきます!

f:id:ma_sugiyama:20200503194342j:plain

クリップハンドルを、キャップの下に潜り込ませたところです。二股になっている先端を、同時にキャップにあてて、押し込むようにすると、スッと下に入ります。以前、紹介したラゲッジスペースよりも、車内は内張が柔らかい素材なので、カンタンに潜り込ませられました!

f:id:ma_sugiyama:20200503194602j:plain

てこの原理で、軽い力でカンタンに外せます!

3.キャップの穴に、カーゴフックを設置して完成!

f:id:ma_sugiyama:20200503194821j:plain

あとは、ドライバーでボルトをしめてカーゴフックを取り付けるだけです。これを4カ所、同じように設置して完成です!(ほんとうにカンタンです!!)

以前、ラゲッジスペースに同じように金具をつけたときは、1つ56円のものを使いましたが、今回は車内でよく見える場所ということもあり、デザイン的にもおしゃれな金具を使ってみました。黒い色も引き締まった雰囲気で、とってもイイ感じになったと思います(自画自賛☺️)。

実際のカーゴフック活用法は、動画をご覧ください!

今回紹介した、設置の仕方から、実際の活用方法まで、動画にもまとめさせていただきました。ぜひぜひ、ご覧いただけましたら嬉しく思います。良かったら、チャンネル登録もお願いいたします!

 


【車中泊】ハスラー・天井にラゲッジネットで小物を収納 【材料1360円/作業約30分】

 

それでは、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました! また、車中泊関連の記事や動画もアップしていきたいと思っております。これからも、どうぞよろしくお願いします😀

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

前田金属工業 TONE(トネ) クリップハンドル CLH-200
価格:986円(税込、送料別) (2020/5/3時点)

楽天で購入

 

 

【テレワーク術2020】FAX機がない→ PCやスマホからFAXできます!

f:id:ma_sugiyama:20200404140311j:plain

タブレットからも送れます!

新型コロナウイルスの影響もあり、自宅で仕事をしなければならない人も多いのではないでしょうか? 在宅勤務、テレワーク、リモートワークなどの言葉を、最近よく耳にします。会社であれば仕事に必要なデジタル機器や道具などはすべて揃っていて、何の不便もないと思います。けれど、在宅で仕事をするとなると、例えば、

  • FAXがない
  • プリンターがない
  • スキャナがない
  • いつも使っているソフトがない

などなど、いろいろなものがなく、できない作業も出てくることでしょう。それを自宅にいながらにして、解決する方法を紹介したいと思います!

 

【自己紹介】リモートワーク歴10年の編集者・ライターです

私は、フリーの編集者・ライターとして10年にわたり、自宅はもちろん、取材先のホテルだったり、カフェだったり、車の中だったり、さまざまな場所でテレワーク、リモートワークをしてきました。その中で自分なりに試行錯誤してきた、場所に縛られずに働くためのノウハウというと大げさですが、

  • ちょっと知っていたら便利!
  • これなら自宅でも、効率的に仕事が進められる!
  • もう、会社に行かなくてもいいのでは?

と思えるような、小技を数回にわたって紹介していきたいと思います!

>> プロフィール はこちら

【第1回:FAX】まだ意外と送る機会が多いが、自宅にはない。

第1回は、まだ意外と送らなければならないことがが多い、FAXについてです。自宅にファックスがない、電話回線自体引いてないという人も多いのではないでしょうか。私も、電話は一応ありますが、FAXは持っていません。それでも日々問題なく、FAXを送らなければならないときは、送信できております。

コンビニの「マルチコピー機」でもいいけど、毎回行くのが大変!

ご存知の方も多いかもしれませんが、コンビニのコピー機でFAXを送ることができます。とにかくFAXを送らなければいけないとき、手っ取り早いのはコンビニかもしれません。けれど、1回ならいいですが、何度も何度もFAXを送るたびにコンビニまで足を運ぶのは、正直めんどうです。送ったはずなのに届いてない、と言われたときは(けっこうありますよね)、またコンビニに行かなければなりません。。😓

そこで、自宅にいながらにしてFAXを送る方法を紹介したいと思います。しかも、コンビニだと1枚送信するのに50円が相場ですが、いまから紹介する方法では、1枚10円で送信できます。月額利用料も必要ありません! 1枚から送ることができるので、リモートワーカーには、大変便利です。

「インターネットFAX」を活用しよう!

インターネットFAXは、電話回線を使わずにネット回線を通じてFAXを送受信する仕組みです。「メールでPDFデータを送信するような感じ」でFAXが送れるので、FAX機は必要ありませんし、どこにいてもFAXが送信できます。

ただし、インターネットFAXのサービスを提供している多くの会社では、【月額利用料】が必要になります。1000円〜1500円ほどが多いです。月額利用料を支払えば、送信は150ページまで、受信も150ページまで無料といった、料金プランになっているのが一般的です。月額利用料を払うことで、受信用の番号も提供されるので、FAXの受信も可能(PDFなどのデジタルデータで受信できる)になります。

FAXを送信したり、受信したりする機会が多い方や会社、グループなどでは、月額利用料を支払ってもメリットが得られると思います。初月無料体験などのサービスを行なっているところもありますので、一度、調べてみていただけたらと思います! 

▼インターネットFAX 各社

申し込み月基本料無料 MOVFAX(モバックス)

全世界で1,200万人が利用するネットFaxサービス

【PR】安い!高機能!インターネットFAXならMessage+

 

ただし、テレワークでは、100ページも、150ページもFAXを送ることはありませんし、ちょっと緊急で数ページだけ送りたいというケースには、一般的なインターネットFAXの料金プランは向かないかもしれません。受信もできるに越したことはありませんが、月額利用料まで支払うのはちょっと割りに合わない、、ケースが多いでしょう。FAXの受信は、それこそ会社に送ってもらっておいて、次に出社したときに確認することもできます。

そこで紹介したいのが、私も利用している【秒速FAX】です。

月額利用料、初期費用ナシで、送信のみ利用できる!

「秒速FAX」の特徴は、インターネットFAXでは珍しく、ファックス送信のみが利用できるところです。月額利用料が必要なく、初期費用もなしで、1ページの送信から利用可能。ちなみに、価格は1ページ送信10〜7円です。↓秒速FAXのホームページからお借りしてきた料金表ですが、5000枚までは、1ページ10円です。5000枚以上も送ることは、テレワークではないと思いますので😅、10円と思っておいて間違いないです。

f:id:ma_sugiyama:20200404104924j:plain

「秒速FAX」利用の流れ【図解】

  1. アカウント登録(無料)を行う
  2. 専用の「Toonesポイント」(1pt=1円)をチャージする。クレジットカードか、銀行振り込みで購入できます。私は、このポイントを500円分先払いして、なくなったらまたチャージして利用しています。FAXを送信するたびに、ポイントから利用料(1ページあたり10円)が引かれる仕組みです。
  3. ログインして、ファックスを送信します。【ブラウザFAX】と【メールFAX】という二通りの送信方法がありますが、私はいつもブラウザFAXを利用しています。その送り方を、以下にカンタンに紹介させてもらいます!

▼「Myページ」です。登録すると利用できます。

f:id:ma_sugiyama:20200404121616j:plain

「Myページ」です。ポイントの購入などができます

▼FAX送信用の画面です、

f:id:ma_sugiyama:20200404121812j:plain

「ブラウザFAX 」送信ページです。同報FAX・一斉送信も可能です

 このほか、登録したメールアドレスからメールを送信することで、どこにいても、どんな端末からもFAXが送信できる「メールFAX送信」や、「予約配信」「配信状況確認」「エラー通知」「電話帳登録」など、さまざまな機能があります。

書類はペーパーレス化すれば、どこからでも送信できる!

「秒速FAX」のサイトから、ファックスを送信する方法をご紹介してきましたが、FAXする書類は、PDF化して添付するのが基本になります。そのとき、会社にいる場合は、一度、紙に出力した書類に文字などを書き込み、それをスキャナーで読み込んでPDF化して、送信するというケースが多いかもしれません。

しかし、テレワークではプリンタも、スキャナーも身近にないケースもあります。そこで、「一度、紙に出力してそれをスキャンする」という工程をやめ、ペーパーレス化すると、さらに、どこにいても仕事ができるようになります!

私は、iPadやiPad miniと、Apple Pencilを使ってペーパーレス化していますが、スマホでもできないことはありません。次回は、そのペーパーレス化について、ご紹介したいと思っております!

ではでは、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。また、よろしくお願いいたします☺️