Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 =編集者・ライター 杉山正博のブログ=

【スマホ1台で仕事】メモは、Galaxyアプリの「Sノート」に!

今年の初めに、今更ながら「Galaxy Note8」を購入しました! こちらのブログでも、いろいろ機能を紹介してきましたが、やはり買って正解だったなぁと、1カ月ほどすぎて実感しております。

仕事面で大きく変わったのは、普段の取材に、スマホ1台で行けるようになったことです。これまでは、iPad miniとApple Pencilをノートがわりとして使い、資料などもすべてiPad miniに取り込んでいたのですが、それがすべて「Galaxy Note8」1台で、済むようになりました。片手の中に、ノートも資料もすべてがおさまっている、このコンパクトさ! 身軽さ! 本当にラクですし、取材時の立ち回りやすさもアップした気がします。

今日はそのなかでも、Galaxy Note8で、どうやってデジタルの手書きメモを取っているかについて、紹介させていただきたいと思います。

使っているのは、Galaxy専用のアプリである「S Note」です。ペンの種類や色、太さが選べたり、消しゴムがあったり、書いた内容を選択して編集したり、テキストも入力できたり、ノートアプリとしては、必要な機能がシンプルに揃っているアプリだと思います。

f:id:ma_sugiyama:20200206223455j:plain

 

f:id:ma_sugiyama:20200206223637j:plain

 

実際の取材では、立った状態でお話を聞くことも多いのですが、Galaxy Noteは、まさに小さなノートのように片手に持って、メモをとることができます。紙の手帳とは違って、ページをどんどんと増やせるので、余白があってもあまり気にせず、ざーっとメモを上から書いていき、下までいったら「+」のボタンを押してページを増やします。

 

f:id:ma_sugiyama:20200206223741j:plain

表紙のデザインや、無地、罫線ありなど背景の種類、色なども選べます。

 

f:id:ma_sugiyama:20200206223813j:plain

図形モードを使うと、フリーハンドで書いた三角や丸などが、自動できれいな図形になります。

 

私は、書いたノートはGalaxyクラウドドライブに同期されるようにしているのですが、Evernoteに同期することもできるようです。各ノートやページは、PDFや画像ファイルとして書き出して、共有することもできます。

なお、Galaxy Noteに内蔵されているSペンの書き心地は、とてもいいです。Apple Pencilは、書いているとカツカツとちょっと硬い感じがするのですが、Sペンはやわらかい書き心地で、すらすら書ける感じです。ただ、ペン自体が細く短いのが、ちょっと難点ですね。。もう少し持ちやすさがアップすると、言うことないのになぁ、、と思っております。

ちなみに、多くの資料を見たりしながら、お話を聞くときには、より画面が大きいiPad miniや、iPadを、今も使うようにしています。そういう取材の場合は、椅子に座って、テーブルを挟んでお話を聞くケースが多いですね。

私の場合は、Galaxy Noteを取材中のメモ帳がわりとして使っていますが、ほかの職種でも、打ち合わせや商談のメモを取るときなどに、活用できるのではないかと思います。とくに、現場に出て、立ったり、移動したりしながら、メモを取らなければならない仕事に、とても向いていると思います! 少しでも、参考になりましたら嬉しいです。

ではでは、また。