Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 フリーの編集者・ライターのブログ。

取材で使うデジタル手帳やノートは、iPad miniが最適。続いてGalaxy noteだと思う

先日から書かせてもらっていますが、白内障の手術をして、おかげさまで白く霞んでいた両目の視界が、とてもクリアに見えるようになりました。手術前は、スマホの文字などは霞んで読めなかったのですが、小さな文字までしっかり読めるようになり、仕事もプライベートもいろいろなことが、本当にスムーズにできるようになりました。

目の調子が悪くなってからは、仕事の取材時にデジタルノートとして使う端末は、手で持ちながらインタビューをするにはちょっと大きくて重たい「 iPad Air 4」を使っておりました。なぜなら、画面が小さいと文字が読みづらかったからです。

ところが、そのような心配も手術をしてからはなくなりましたので、これから取材時に持ち歩くデジタルノートは、「IPad mini 5」をメインにしようと思っております。以前はずっと、IPad mini 5をメインとして使っておりました。やはり、片手で持って移動しながら取材をするのには、 iPad mini のサイズ感が最適だと思っています。

もう一つ、今後、あらためて積極的に使っていきたいのは、最近ほとんど使っていなかった「Galaxy Note 8」です。取材ではない、打ち合わせや雑談をしながら、さっとメモをとるようなシーンでは、iPad Air 4や iPad mini 5だと、ちょっとサイズが大きすぎます。特に、カフェのテーブルなどスペースが限られている場合には、テーブルに出して文字を書くのはなかなか難しいです。その点、Galaxy Note であれば、パッと取り出してちょっとしたメモをSペンでさっと書くことができます。仰々しさもなく、まさにメモ帳のように書くことができるので、雑談などのときにどんどん活用していきたいです。

もしくは、先日紹介した iPhone の「Goodnotes 5」を使ってメモを取る方法も、今後はどんどん使っていきたいと思っております。

www.ainiyuku.nagoya

 

こんなふうに、私は状況の変化によって、取材時にどのデバイスをメインで使うかいつも試行錯誤しており、今後また新しいデバイスを購入したりしたら、変化するかもしれません。例えば、フォルダブルスマホでペンが内蔵されているタイプが、手ごろな価格で出てきたら、おそらくそれをメインで使いたくなってしまう気がします。

全然話は変わりますが、この連休中に、『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』という映画を見ました。 病気で95%の視覚を失った主人公の青年が、一流ホテルで働くという以前からの夢を叶えるために、目が見えないことを隠して見習いとしてホテルで修業を始めるというお話です。この映画の中で、主人公のかすんで見えないその視野が映像で表現されているのですが、私の場合はもっと見えていましたが、でも文字が読めなかったり、足元がよく見えなかったりというのは、自分が病気のときに経験したことと近いなと感じました。

私の場合は手術で治る病気でしたので良かったのですが、視力が何かしらの理由で弱くなってしまうというのは、 生活や仕事など人生すべてに大きな影響を与えるものだと強く実感しました。『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』は、実話を元につくられた映画だそうです。Amazonプライムビデオでも見られますので、興味がある方は是非、チェックしてみてください!

ではでは、本日も最後までありがとうございました!