Ainiyuku. あいにゆく。

フリーの編集者・ライターのブログ。

2021年 「買って良かったもの」を3つだけ。

ホームベーカリー(siroca シロカ おうちベーカリー SB-1D151)

f:id:ma_sugiyama:20211230192848j:plain

今さらながら、人生初のホームベーカリーを購入しました。9月に入手して以来、途中で飽きて使わなくなってしまうことなく、毎朝自分で焼いたパンを食べています。ホームベーカリーを買って良かった点は、次のとおりです。

【良かったところ】

  • 非常にカンタンに食パンが焼ける。
  • スーパーなどで買うパンより、断然おいしい!
  • 本体は1万円ほどと手頃。
  • 市販の食パンと同じ価格くらいか、安く焼ける。

まず、良かったところは、作り方がカンタンなところです。材料を計量して、パンケースに入れて(混ぜる必要なし)、メニューを選んで、朝に焼き上がるようにタイマーをセットして、スタートボタンを押すだけ(慣れると5〜10分程度でできます)。これで、翌朝セットした時間に焼き立てパンができ上がっています。私は、4日で1斤を食べ終えるので、4日ごとにこの作業をしていますが、ごはんを炊飯器にセットするのと同じような作業量なので、ぜんぜん手間に感じず、続けられています。

なにより、焼き上がったパンがおいしいので、それが毎朝食べられるのが楽しみで、続いています! 途中、糖質オフパンにも挑戦しましたが、味はそこそこおいしく、食感もやわらかくフワフワに焼けたのですが、普通の強力粉で焼いたパンと比べると、やはりちょっと物足りないです。サンドイッチなどにして食べるのがいいかもしれないです。

ちなみに、スーパーに売っているホームベーカリー用の強力粉は1キロ250円ほどで、4斤強焼けるので、1斤あたり市販のパンより安いか、同じ価格くらいだと思います。

なお、初めてのホームベーカリーなので、他の製品と比較できておらず、この製品がいい点はなんとも言えずすみません。ただ、コンパクトなので、いろんなところに置けると思います。そのぶん、1斤しか焼けません。

【イマイチなところ】

  • コンパクトなので1斤しか焼けない
  • パンケースの底にセットするかき混ぜる用の羽が、焼き上がり後、くっついて取りにくいときがある。お湯に少しつけておくと取れる。
  • 一度だけ、羽をセットしわすれて、かき混ぜる作業がうまくいかず、パンが膨らまなかった(これは私のミス……😅  )

パンが10種類、そのほかヨーグルトや甘酒、ピザ生地、もちつきなどもできるそうです。他の種類も、徐々にチャレンジしてみたいと思っています!

ワイヤレステレビチューナー「Xit AirBox lite」(XIT-AIR50)

私は、テレビはほぼ見ないのですが、ごくたまに見たい番組があったりします。また、地域ニュースなどを朝食中に、ながら見しています。ダイニングにテレビはないのですが、スマホやタブレットで見ています。それを可能にするのが、ピクセラの「Xit AirBox lite」(サイト エアボックス ライト)です。

Xit AirBox liteは、無線LANルーターに接続することで、家中どこにいてもスマホやタブレット、PCを使ってテレビが見られるというワイヤレステレビチューナーです。私はこれをを、ちょうど余っていたアンテナ端子の近くに、もともとTP-Linkの「WIFI 無線LAN 中継器」が設置してあったので、その中継機にLANケーブルでつないで使っています。

【良かったところ】

  • テレビの置いていない部屋でも、どこでもスマホやタブレット、PCでテレビが見られる。
  • 録画した番組も、同じようにどこでも見られる。
  • 出先からも見られる。
  • アプリが無料。

部屋にテレビがなくても、Xit AirBox liteを家に設置すれば、たまに見たい番組があったときに、スマホやタブレットで見られます。基本、私はリアルタイムでみることはなく、録画しておいて、あいた時間に見ることが多いです。朝食中に、その朝のニュースを録画したものを見たりもしています。録画であれば、興味がないニュースやスポーツコーナーなどはすっ飛ばして、見たいところだけざっくり見られるのもいいところです。

録画するには、外付けハードディスクを別途設置する必要があります。複数番組の同時録画はできません。

外出先からも、スマホやタブレットでリアルタイムや、録画した番組を見られます。車中泊のときにも見られていいのですが、モバイル通信で見ることになるのでデータの消費量がちょっと不安になります。

今年、3月末ころに、「nasne(ナスネ)」がバッファローから復活して即完売となるなど話題となりましたが、このXit AirBox liteは、価格が1万円ちょっとと、nasneよりも安いのもポイントです。ただし、録画をする場合、外付けのハードディスクは別途購入する必要があります。

nasneは、視聴するためのアプリの「視聴再生機能」と、出先で見るための「書き出し機能」を使うために、別途有料のプラグインが必要らしいのですが、Xit AirBox liteは、無料のアプリで見られます。

【イマイチなところ】

  • 外付けハードディスクについて、動作確認済み機種が公式サイトに掲載されているので、購入前に対応しているかチェックする必要がある。
  • ときどきアプリが落ちる、または立ち上がらないことがある。

ちなみに、NHKの受信料を払っている方なら、「NHKプラス」というアプリを使えば、スマホやタブレットで、ほぼリアルタイムの同時配信番組が見られます。利用申し込みをしてハガキで届いたIDを入力するという面倒な手続きを終えれば、見逃し配信されている7日間分の番組も見られますので、NHKだけが目的であれば、Xit AirBox liteなどを買わなくてもいいかもしれません。

電動アシスト付き自転車「トランスモバイリー(TRANS MOBILLY)」

f:id:ma_sugiyama:20211104222729j:plain

先日のブログでも紹介しましたが、小型e-bikeの「トランスモバイリー(TRANS MOBILLY) ULTRA LIGHT E-BIKE AL-FDB163E NEXT」 も、今年買ってよかったものです! とにかく軽量で車に積んで持っていけるので、出先で自転車に乗り換えて街乗りなどを楽しめます。出先での移動の自由度や、小回り度がアップします! 詳しくは先日の記事もご覧ください。

www.ainiyuku.nagoya

ではでは、以上、2021年買って良かったものでした。本日も最後までありがとうございました!