Ainiyuku. あいにゆく。

フリーの編集者・ライターのブログ。

ハスラーの車中泊マット+ニトリのマットレスで寝心地アップ!

この週末、久しぶりに2泊3日で車中泊しながら、2年半ぶりに開催された「東京蚤の市」に参加するために、立川まで行ってきました!

車中泊のときは、いつもハスラー(初代)の助手席側のシートを写真のように倒して、その上に、純正ではないのですがハスラー専用につくられたフラットになるマットを敷いて、寝袋を広げて寝ています。

フラットにするための車中泊用マット。

マットを敷いた状態。

ただ、このマットを敷くだけでも十分に快適なのですが、マットがあまりクッション性がなく、朝起きると体が痛い……という点が少し気になっていました。

そこで導入したのが、ニトリの「6っ折り軽量幅狭コンパクトごろ寝マットレス(60cm幅)」(商品コード 5630444)です。こちらは、半年ほど前に購入してあったもので、ようやく実際に使ってみることにしました。

ニトリの6折りマットレス。

まず良い点としては、6折りなのでコンパクトで(といっても、かなり場所をとります)、軽く持ち運びしやすいところです。実際にマットの上に敷いてみると、助手席部分がアームレストに乗っていたり、後部座席側も一部はみ出している部分がありますが、なんとかピッタリとハマりました!

実際の寝心地ですが、厚みが3cmほどあり反発性もあって、かなり寝心地がアップしました。朝起きたとき体が痛いということもなくなりました! 今回は移動距離が長く、車中泊しようと思っていたサービスエリアに到着する時間が遅くなりそうだったので、事前に写真の状態の上に寝袋も広げて、もう寝るばかりにして出かけました。夜に駐車場で寝るための準備をすると、ドアの開け閉めの音が響いたり、暗いので準備に手間取ったりするからです。

ちなみに、「東京蚤の市」に訪れている間、車を停めておくための駐車場は、「タイムズのB」というサイトで予約しておきました。「東京蚤の市」は毎回たくさんの人で賑わっていて、しかも2年半ぶりの開催ということもあり、近隣の駐車場が埋まっているかもしれないと思ったからです。予約した駐車場は、立川駅から徒歩10数分とそこそこ離れていましたが、1日600円で停めることができました。

「東京蚤の市」は、久しぶりにお会いする出展者の方、運営の方などもいらっしゃって、みなさんいきいきと輝いていました。自分も時間に追われて仕事をしているばかりではダメだなと、もっと頑張らなくてはと刺激を受けた旅でした!

ではでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました!