Ainiyuku. あいにゆく。

フリーの編集者・ライターのブログ

【メタバースSIM】通信速度や通話品質など、2週間レビュー

3人紹介すると基本料金が最大18カ月無料になるという「メタバースSIM」を使い始めたのは、先月7月27日のこと。そこから、2週間ちょっと経ちましたので、通信速度など実際にどうなのか、ご紹介したいと思います。

metasim.jp

昼の混雑時の通信速度

まず、最も混雑するとされる昼の時間帯の計測結果はこちらです。計測は、「Speedtest」というアプリを使って行いました。

12〜13時 昼休みの混雑時

やはり、昼の時間帯はアクセスが集中するのか、速度がかなり遅くなりました。なかでも12時半ころが最も遅いですね。ただ、この表には入れてないですが、13:03に計測したデータでは、下りが「18.9」でしたので、12時台を過ぎてしまえば、それほど遅いことはなさそうです。

夕方の18〜19時の通信速度

続いで夕方18〜19時のデータは、次のとおりです。

いくつか17時40分頃のデータが入っています…💦

こちらは、データにけっこうばらつきがありますが、下りが「1.42」や「1.46」など、かなり遅い場合もあります。もう少し調べてみようと思います。

音声通話の品質について

私は前々回のブログに書かせてもらいましたが、「楽天モバイル」と「IIJmio」をこれまで併用してきました。楽天モバイルは、LInkアプリを使えば国内通話無料のため、仕事がら電話をすることが多い私は、このまま継続して使っていこうと思っています。

ただ、楽天モバイルの通信品質はやはりあまり良くなく、建物内だと相手の声が聞こえなかったり、通話が突然切れてしまったりすることがあります。

そこで、サブの音声通話回線としてこれまでIIJmioを使ってきました。そして、今回契約したメタバースSIMもサブの電話として使う予定です(3人紹介を達成して無料で使えるようになったら、IIJmioを解約しようと思っています)。

この2週間でも、楽天モバイルの音声通話が繋がらなくて、メタバースSIMで電話したことが何度かありましたが、メタバースSIMはドコモ回線を使っていることもあり、電話は問題なくつながり、音声も聞き取りやすく感じました。

楽天モバイルは、auのローミングが終了し出してから、通話が途切れるようなったと個人的に感じています。この状態が続くようだと、楽天モバイルも乗り換えを考えないといけないかなと、ちょっと思い始めています。

そもそもメタバースSIMとは

最後に、「メタバースSIM」について簡単に紹介します。メタバースSIMは、名古屋市にあるNEW LIFE MOBILE(ニューライフモバイル)が運営する格安SIM(MVNO)で、2022年5月に受付をスタートしたばかりです。

最大の特徴は、「招待制SIMカード」という点です。3人招待すると最大16カ月基本料金が無料になります。なお、申し込んだだけで2カ月無料ですので、合わせて18カ月が無料になります。

なお、メタバースSIMに興味があるという方は、私の招待用URLはこちらですので、下記からアクセスしてもらえたら大変ありがたいです!

https://metasim.jp/?iid=0001000124

 

ただ、メタバースSIMには最低利用期間があり、12カ月となっています。以下、解約金に関する公式サイトの文章を引用させていただきますので、申し込まれる際は確認いただけたらと思います。

最低利用期間は12ヶ月です。ご利用開始月から12ヶ月以内にご解約された場合は、解約事務手数料6,600円(税込)(2022年7月以降のご契約の方は、解約月の「SIMカード基本料金+オプション料金」1ヶ月分)のお支払いが必要となります。

それでは、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!!