Ainiyuku. あいにゆく。

名古屋の近く、愛知のはしっこから。 フリーの編集者・ライターのブログ。

「Audible」や「スマートグラス」など音声で情報を得る試み!

前々回のブログで、「最近、目の調子が悪くスマホの文字が見づらくなってしまった……」と書かせていただきましたが、先日検査をしっかりと行いまして、やはり手術することになりました。右目をやって、ちょっと間をあけて左目という流れになります。

今回、目の調子が悪くなってこれも何かの運命だと思い、先日のブログに書かせてもらった以外にも、いろいろ見づらいながらに生活しやすくする工夫を取り入れてみました! 今日はそのなかから二つほど、ご紹介したいと思います(ちなみに、目は手術によってかなり回復するようです)。

「聴く本」アマゾンのAudibleを始めました

一つ目は、Amazonの提供しているオーディオブックサービス「Audible」(オーディブル)を始めてみました。オーディオブックサービスは、お使いの方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単に言えば「聴く本」ですね。Alexaアプリでも、Kindleで購入した本を読み上げてくれる機能がありますが、 AlexaはAIが自動で読み上げるのに対して、Audible(オーディブル)では、プロのナレーターや声優などが朗読する音声を聴くことができます。

プライム会員限定。6.29(火)まで3か月間無料!

しかも、たまたま知ったのですが、現在「プライム会員限定 3か月間無料キャンペーン」が開催されており、2021年6月29日(火)23時59分(日本時間)までに申し込むことで、プライム会員でしたら、3か月間無料で体験できます(条件が少々ありますので、ご確認ください)。無料期間以降は月1500円かかり、退会はいつでも可能とのことです。
Audible(オーディブル)に登録すると、毎月1コインが与えられ、40万冊以上あるオーディオブック のなかから、好きな1冊と交換できます。価格に関わらず、1500円を超える本とも交換可能。さらに、無料で聴けるボーナスタイトルが1冊もらえ、聴き放題のポッドキャストも利用できます。

運動や家事、通勤しながら読書が可能に

Audibleは、まだ始めたばかりですが、運動しながらや移動中などのちょっとした時間に、耳で聴いて読書ができ、時間を有効活用できそうです。とくに、通勤通学をされている方には、おすすめだと思います。私の場合、通勤はないのですが、取材先へ向かう移動中だったり、ウォーキングや掃除をしながらだたり、そんなちょっとしたスキマ時間に聴くのがいいかなと思っております。

今の私の目の状況ですと、残念ながら、紙の本の文字は小さくて読むことはできません。。涙 そこで、文字のサイズが拡大できるKindleか、dマガジンを利用して読むようにしています。まぁ、以前から電子書籍の利用が中心となっておりましたので、これまでとそれほどかわりませんが、なかなか読むのが大変です。その点、Audibleは目を使いませんので、とっても快適に読書ができます!

スマートグラスを注文。到着が楽しみです!

もう一つ、新たに取り入れようとしているのは、「スマートグラス」です。目の手術後、視力の回復にあわせてメガネを新調しないといけないそうで、せっかくなら以前から気になっていたスマートグラスを使ってみたいなと思い、レンズは後から度入りに変更が必要ですが、すでに注文してしまいました! クラウドファンディングを先日まで行っていた「Vue Lite」というスマートグラスで、手元に届くのは10月中旬以降の予定。かなり楽しみです!

スマートグラスといっても、いわゆるスカウターみたいなものではなく、メガネにイヤホンの機能が追加されたような、本当に初歩的なもので、電話に出たり、Siriを使ったり、基本的なことしかできません。けれど、それでもスマートグラスは、スマートウォッチに続くような、新たなデバイスになりそうな予感がしており、この機会にまずは一度試してみたいと思った次第です。

こちらは、また手元に届いたら、ぜひ使い勝手などをレビューさせていただきたいと思います! それでは、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!