Ainiyuku. あいにゆく。

フリーの編集者・ライターのブログ。

Apple WatchのLINEを使って、音声入力でメモや文章を書いてみる

最近、いろいろな音声入力を活用して隙間時間に文章を書くことができないかと試行錯誤しているのですが、今日は普段長く身に付けているApple Watchを使って、音声入力でブログの下書きができないか試しています。使ったアプリはLINEです。

LINEのトークルームは、自分1人だけのグループを作成することができるので、そこに音声入力でメッセージを書く形で、ブログの下書きをしています。Apple Watchの音声入力もとても優秀で、ほぼ変換ミスなく、音声でどんどん文章がかけます。改行や句読点も音声で入れられます。

f:id:ma_sugiyama:20220309232741j:plain

ただ、Apple WatchのLINEの場合、一度に書けるメッセージの文字数制限があるのか、もしくは音声入力ができる時間の制限があるのか、あるところで勝手に入力が止まってしまいます。これは、注意が必要だなと思います。まだ、使い始めたばかりで、途中で止まってしまう現象が常に起こるのか、時々なのかわからないのですが、これから使って試していきたいと思っています。

と、ここまで自分1人のトークルームを作って、そこにメッセージを送る形でメモしてブログの下書きしてきたんですが、調べてみたら「Keepメモ」というのがあるんですね💦 それがまさに、自分一人用のトークルームで、そこに文章はもちろん、写真なども送って保存しておくことができるそうです。今度は、この「Keepメモ」を使って文章の下書きや、メモを音声入力で行おうと思います。

Apple Watchは、私はふだんほぼ身に着けていますので、ブログの下書きだけでなく、何かメモしたいときにも、このKeepメモに音声入力して送信しておけば、簡単にメモできますので、非常に使い勝手がいいなと思いました。

ではでは、今日の小さな発見をご紹介しました。最後までありがとうございました!