Ainiyuku. あいにゆく。

フリーの編集者・ライターのブログ。

オーディオグラスで音声アシスタント(Siri)を活用してみた

先日、仕事を終えた帰り、駅から車のある駐車場まで20分ほど歩く必要がありました。その日は、以前このブログで紹介した「Vue Lite」というオーディオグラスをかけていたのですが、そのメガネはつるにあるロゴマークを3秒長押しすると、音声アシスタントが起動します。

f:id:ma_sugiyama:20220208183729j:plain

つるの付け根のロゴマークを3秒長押しでSiriが立ち上がります

iPhoneとペアリングしている場合、Siriが立ち上がるのですが、ふと「LINEが送信できるかな」と思って、「Hey Siri LINEして」と言ってみました。

すると、「どなたに送信しますか」とSiriが聞いてくるではないですか! それで、名前を伝え、続いて内容を伝えて、ふつうに送信できました。ただ単に、私が知らなかっただけなのですが、同じようにメールも送信できました。

オーディオグラスって、音楽やKindleの読み上げを聞くくらいにしか使えないなと、若干残念に思っていたのですが、つるを長押ししてSiriを立ち上げることで、スマホを一切出すことなく、立ち上げることなく、LINEやメールが送れるのです。これは、なかなか便利だと思いました!

今回のように駅から駐車場に向かって歩いている途中、「あと15分で帰るよ!」などと家族に送信できます。待ち合わせに遅れそうなときも、スマホを出すことなく歩きながらLINEが送れるのです。

このほか、Siriで何ができるか改めて調べてみたところ、「Hey Siri、電話をしたい」で、相手の名前を指定して電話がかけられます。「●●駅まで案内して」で、デフォルトのマップが立ち上がりルート案内がスタート。「近くのカフェを調べて」というお願いも可能です。また、これは私もちょくちょく使いますが、「タイマーやアラーム、リマインダーの設定」もできます。

これまで、あまり試してきませんでしたが、オーディオグラスと音声アシスタントを組み合わせることで、外出先や移動中にスマホを出すことなくさまざまなことができそうです。もっと早く試してみればよかったです!

ただ、AirPodsを私は持っていないのですが、AirPodsや音声アシスタントが使えるイヤホンでも、同じことができるということだと思います。オーディオグラスは、やはりメガネにイヤホンの機能がついたという状態で、まだまだ独自の機能は少ないといえそうですね。

ではでは、今日も最後までありがとうございました!